So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【特別展】白洲 正子ときもの [絵画]

この展覧会は阪急うめだギャラリー で10月9日既に会期を終えていますが、アップが今頃になってしまいました。
白洲正子さんはその随筆集『かくれ里』で並大抵ではない行動力と素晴らしい感性を持たれた方だと知り、このブログでも何度も記事アップしている河内長野金剛寺の『日月山水図屏風絵』の存在を知らしめてくれた随筆集でその作家には特別な想いがあります。彼女の屏風絵の評と私のこの屏風絵の見方・想いに少し違いはありましたが、私が熱狂的にこの屏風絵の虜になった切っ掛けを与えられたのが白洲正子さんです。今、屏風絵はフィレンツェのウフィッツィ美術館へ出向いていて、例年の11月3日の開帳はありません。帰国後は国宝になるのかな?と思っています。

これは金剛寺屏風絵の記事です:
http://mirro.blog.so-net.ne.jp/2016-01-07
http://mirro.blog.so-net.ne.jp/2016-05-06
http://mirro.blog.so-net.ne.jp/2016-11-05

会場に入って直ぐこの打掛がありました。
「菊牡丹梅立湧文打掛」
c.jpg
同行の友と私は本当に同時に「憎いねー」と顔見合わせてしまいました。何とも可愛いくて、美しくて、それにどの模様もひとつとして同じなのがなく決して対称になっていない。

着物と帯それにちらりと見える八掛等の取り合わせが絶妙で、日常の普段着までも素晴らしい芸術作品でした。。この日本人が持っているこの感覚を世界の人達が絶賛しているのに、日本人は気が付かなかった。男性のネクタイもこんなデザインのを〆るとどんなに素敵だろうと思ったりしました。

img_10.jpg

それと田島隆夫さんという織物作家の方が描かれた彩墨画(白洲正子が付けた呼び名)が数点あってその一番左端にあった絵に惹きつけられました。桜の花枝が一輪、陶器ともガラス瓶ともとれる花瓶の口は、向う側は描かれていなくて、何も決めつけられていなくて、桜の花も瓶も全て観る側の想いに委ねられているそんな絵がありました。一体こんな絵を描く方はどんな方なんだろうと。

田島隆夫さん、この方は白洲正子さんと店主と職人という出会いから、得がたい友人となるまでの20年間絵を添えた白洲正子さんへの手紙は、彼女をなぐさめ励まし魂と魂が響き合い、二人の手紙の交流が遣され文筺となっている【白洲正子への手紙】。。。また読んでみます。
織物も他の絵も素晴らしいものでしたが、この桜の花一枝と花瓶の絵は、澄んでいて何物にも捉われないその自由さが私の心にも大きく響き、未知に暖かい何かかあるだろうと思わせてくれました。

白洲正子さんが田島さんの作品を見に行った数日後:
今年も、個展に並べる絵を選びに行って、三百枚くらいの中から六十枚程選んだ。何時間もかかる。疲労困憊する。途中で一休みしてちょっとウイスキーを飲み、すっかり終ってからゆっくり飲ませてもらい、夜中の三時頃になって帰ろうとするところで、田島さんが、どこかその辺から巻いた織物を三本か四本とり出して私に見せた。どこかその辺というのは私が酔っているからで、織物はまるで手品のように私の眼の前に現れたが、その美しさに私は感動した。
あの感動は何だろう。単に美しいものを見たという、それだけはないのだ。うまく言えないので寝言みたいなことになってしまうが、この頃、私ははかなさということをいつも思っている。人生もはかないし美もはかない。どっちみち、いずれはみんな消えてしまう。あとには何も残らない。残るとすれば自分のためにしたことではなく、他人のためにしたことだけが残るのではあるまいか。田島さんは織物を織るとき、それを着る女の人を美しくするために織る。田島さんの織る布は、田島さんを離れて、どこかで誰かを美しくするためにそこで生き、そこで残る。
そのことに私は感動したのだ。一年に一度私は田島さんの家に行き、行けば必ず何かだいじなことを教えられる。今年もそうだった。
shunroku_01_1014.jpg


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

本掘雄二「薬師堂」 [絵画]

渋谷【NANZUKA】で開かれていた本掘雄二氏の「薬師堂」観に行ってきました。
本掘さんの作品はご本人のFacebookで始めて見ました、それはなんとも不思議な仏像で、一体これは何だろう?素材は何だろう?と、よくよく見ると判ったのです『ダンボール』だ!驚きと感嘆で打ちのめされました。で、本物がどうしても見たくなって、『こちら関西で作品見れるところありませんか?』と尋ねたら関西にはないけれど…9月9日~10月7日まで渋谷のNANZUKAで個展されるとのことだったので、最終日になってしまったけれど本物を見てきました!。

「薬師堂」
IMG_0209.JPG

画像9c.jpg

これ等の仏像は真正面から見るとダンボールの隙間が透けて儚さのある流れに崩れそうな予感があって、そこを少し角度を変えてみると、なおかつダンボールに残された文字や色が現れ、重量感のある立体がポップ調で迫ってくるのです。

IMG_0192c.jpg

IMG_0195c.jpg

仏像はダンボールの切れ端が何層にも貼り付けられ、その切れ端をよく見ると少し焦げ目があり茶色くなっています。多分切れ端がもろもろにならないように焼いて何か接着剤のようなもので処理して止めてあるのかと思いました。一枚一枚スッゴイ作業で、そしてこんなに大きな立体になって存在するのです。

IMG_0197c.jpg

仏像のことはなんの知識もないのですがこれは、薬師如来座像で、両脇に日光・月光菩薩、さらにこれらを守る十二神将がそれぞれのポーズで荒々しく力強く配置されていました。

この両面を持った作品、繊細で流れゆく儚さと、力強く立体的である、その【HAZAMA(狭間】こそがこんなにも不思議で魅力的な驚愕の世界に導いてくれるんだと思います。

「不動明王像」
画像11c.jpg


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

岡田純子展 [絵画]

燃え盛っていたあの狂ったように上昇する暑さ、照り付ける太陽、大好きな夏も過ぎ去り季節は確実に廻り移り変わっています。。
この澄んだ美しい日々の中、沢山の展覧会案内が送られてきます、親しい友人の展覧会案内をひとつ。

「岡田純子展」ーやまとの懐ー
okada.jpg

okadac.jpg

☆ーやまとの懐ー
不思議に抱かれる世界が広がっているに違いありません。お立ち寄りください。


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

「元展・イェーズィ交流45周年記念展」 [絵画]

「元展・イェーズィ交流45周年記念展」
日時: 2017年9月21日~9月24日
会場: Galleria del Palazzo dei convegni
(イタリア マルケ州アンコーナ県イェーズィ市)
後援 :イェーズィ市(Jesi市)
    ジュッペ・サンタンナ・コンクール委員会

Ultimo giorno !! 最終日になってしまいましたが、、、
作品はイェーズィ市「Galleria del Palazzo dei convegni」に展示中。
「ikimono - lotus-」10F 出品しています。
作家本人は日本 大阪府に拘束中です(;´∀`)

image1cc.jpg

k2c.jpg

k1c.jpg

kc.jpg

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

銀粘土アクセサリー [絵画]

『‎第15回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展』
友人の田村秀子さんが出品しています。お立ち寄りください。
◆会場:東京芸術劇場 ギャラリー1
◆会期:2017年10月4日(水)~8日(日)
    10:00~18:00 (入場は17:30迄 最終日15:30迄)

tamura.jpg

☆田村秀子 彼女は幼い時からの友人でいろんなことを一緒にしてきました。自転車を乗り回し、テスト前には私の部屋で一緒にテスト勉強とやらー。。ー 今もですが、私のあるがままをさらりと流し且つ受け入れ続けてくれました。うん?(;´∀`)多分♪ (;´∀`) 成人になってからも同じグループで絵を描いていたこともありましたが、アクセサリーデザインを選びました。この作品を見てもわかりますが、単なる装飾品を超えた力強く造形的な作品として見てしまいます。ikimonoみたい~♪ 

nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

同窓会誌 [本・雑誌]

グラフィックデザイナーの「長友 啓典」氏がこの3月に亡くなられています。先日送られてきた高校同窓会誌の表紙は、その先輩長友 啓典氏が【母校創立100周年記念ポスター】としてデザインされた絵が表紙になっていました。鳥よりも犬猫の方が観察しやすいし猫よりも犬の方が人間くさくて面白いと言われていたようですが、この絵はいつもの犬ではなく穏やかな鳥が描かれていて『丘をつくる百年』と氏の字も書かれています。著作権のこともありここに掲載できないのが残念です。Creator Gallery に追悼やイラストが掲載されています。
この作品は1967年 日宣美賞受賞の「ジャンセン」です。
n.jpg

因みに我が母校は1996年に100周年を迎えています。

そして長友氏の絵のこともありますが、今回もう1つとても興味深い寄稿がありました。
『70年前の受験票』という記事で終戦翌年昭和21年に受験された方のものです。

jyukenn.jpg

70年前の受験票が出て来たというのも凄いことですが、それも受験番号が1番ということだったのです。この時期に旧制中学校から新制高等学校への移行があり男女共学になっています。

そしてまだまだ驚くべきことがあって、
受験は口頭で質問があり、
①、公徳心とはどういうことですか。どう思いますか。(他人の事を考える余裕がなかった戦後の混乱期です:ご本人の注釈です)
②、塩の生産地はどこですか。製塩法について答えてください。
あと体力テストがあって校舎屋上を走り、小学校からの内申書で合否が決められたようです。

とありました。
終戦の混乱期でこの様な受験であったのかと思われますが、この質問を見て思いました。
最近の公立高校入試がどんな風に変遷しているか詳しく知る立場にいるわけではないのですが、今の受験もこのような口頭で、シンプルでありながらその時代の社会情勢を鑑みた難しい”問い”を孕んだ 受験問題があってもいいのかなぁ~と思ったりしました。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

マグカップ展 [絵画]

阪急三番街店カワチ画材主催のマグカップ展に出品しています。
三番街にお出かけの際はお立ち寄りくださいませ。

IMG_0153c.jpg

●期間予定
2017年8月29日(火)~9月13日(水)
会場 画人画廊
場所 大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街北館 地下1階
カワチ画材店 阪急三番街

先月個展に出品した「ikimono 2606x1620mm」の作品をプリントしていただきました。
いままで見た事ないマグカップに仕上がっていてちょと面白いかな♪♪

IMG_0140c.jpg

43ARTISTのマグカップが並んでいます。右端3作品は田伏勉氏の作品です。ちょと見えにくいw(;´∀`))

IMG_0144c.jpg

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

Healing space&Café [グルメ・クッキング]

友人のAthukoさんご夫婦が和泉市肥子町のイオン府中店(1F外店)にHealing space&Café【Atmosphere】をオープンさせました。

IMG_0123c.jpg

そうですCaféと言ってもただのCaféではなく、樹木が発散する ”フィトンチッド” 森林浴効果のある スペースなんです。広いカフェスペースに田園風景のジオラマには川の流れもあり、

IMG_0129c.jpg

大きなスクリーンには深い紺碧の海、高い青空から流れる雲、満天の星々、空一杯の花火などが次々に現れ、それだけでも十分楽しめ癒される空間が広がっています。

IMG_0126.JPG

私はお昼すぎに行って「湯葉丼」と香り高いcoffeeを頂きました。4種類ほどのごはんメニューも注文できます。お腹すいていて慌てて頂き写真撮り忘れたのです(*≧∀≦*)、、(ゴメンAthukoさん)

【街中の癒しスペースとしてお客様がホッと一息つけるようなcafeを目指しています。】

こんな素敵なcaféです。お近くの皆さんぜひお立ち寄りください。独特の癒し空間が広がっています。
open 8:30~19:30 水曜日定休です。TEL 0725-44-8200

IMG_0108c.jpg



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

不思議と驚異と美しさ [絵画]

絵を描く上で自ら求めて出会ったikimono、日常のなかでふと気になったikimono、隙間にするりと逃げてしまうikimono、それらの有り様に惹かれ、手がかりやきっかけにして、あっーこんなことを感じているんだと、そしてその時々心打たれたikimonoは本当は一体何なんだろう、自分はどのようにしたいんだろうと考えたりしながら、色として、形としてそれ等が交差して画面を作り上げています。そういう描き方なんだろうと思います。

人間は進化して今このように想像し創造できる存在になっていますが、人間が全ての生き物のなかで一番の存在ではないという想いがあります。

これは黄揚羽の幼虫です。
hiougi1.jpg

人参の葉をどんどん食べています。
hiougi2.jpg

だんだん人参の葉、緑色を纏っていくのです。
hiougi4.jpg


緑の葉柄にオレンジの斑点を持つ黒い帯模様の黄揚羽の幼虫。
hiougi3.jpg

緑を纏った黒い帯模様のなんとも美しいikimono。

この不思議と驚きに満ちた世界を見せてくださったのは彫刻家で、自然がすぐ傍にありそれを慈しんで深く観聴きし感受なさっておられるhiougiさんのサイト『ひだまりの花々から頂きました。有難うございました。

制作の上にも生きる上にも、こんな驚異に満ちたことは人間である私には、とても起り得ない奇跡としか言い得ない難しいことかと思いますが、心のどこかに置いて少しはこんな不思議を身に纏うことが出来たらと思っています。

hiougi5.jpg

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

真昼の海 [海]

せっかくの暑い夏なのでやっぱり海へ出かけました。この向うに青い空と青い海が待ってくれていました。波の音を聴きながら遠くに感じるその向こうにあるものに、想いを馳せることが出来るのが海との逢瀬の一番でしょうか?
画像13c.jpg

お盆を過ぎていたし人気のない浜に巡りあい、ほとんど ”ひとりじめ浜” でした。
画像14c.jpg

ここは古くは柿本人麻呂らにより「万葉集」にも詠まれた景勝地だそうで、海岸の砂浜には樹齢数百年にも及ぶ約5万本の老松や矯松が生い茂り、白い砂浜が約2.5kmにのびる白砂青松の松原でした。
こんな松林なのに人影はもちろん蝉の声もなく、時々すーと風が通り抜けていくだけで、なんだろうこのしーんとした静けさは、、、蝉の姿は見えなくても波打つような大合唱があってこその松林じゃないのかな?
画像5c.jpg

去年は岩場で足をひっぱられたので、お盆も過ぎていたし、何かにより足を引っ張られる可能性も高いし穏やかそうな砂浜で、沖の方へも出ずぷかぷか波間を漂ったりゴムボートでぷかぷか浮いたりしていましたが・・・
画像26cc.jpg

一番好きな海岸は太陽が照り付けた真昼の正午の影がない砂浜、一瞬時が止まったような空間虚無を感じる瞬間、いつかどこかで出会ったあの海岸への強い憧憬もあります。今ふと思いだしました。もしかしたらその海岸は子供の頃読んだ、アルベール・カミユの『異邦人』で出会った真昼の海岸かもしれません。もう一度ムルソーと共にあの海岸へ行かなければ、、時が止まったあの空間に遭遇しなければ。


この透き通った帆立の形に似たもの↓↓をご覧頂けますでしょうか?動かないので触ってみましたが見た目と同じで(;´∀`)つるんとしてゼリー状でした。Netでちょと調べてみましたが良く解りません。
クラゲの仲間でしょうか?餃子のような形をして透き通った体で海に浮いているという『カツオノエボシ』の一部分でしょうか?それともコレの正体は中央部分が無色透明といわれている「カツオノカンムリ」のその中央分部かもしれません。どなたかお判りの方教えてくださいませ。
画像22c.jpg

泡泡泡ikimonoそのもの泡泡泡
画像23c.jpg

星屑が散りばめられた光と波の饗宴にも招待されてラッキーでした。
画像50c.jpg

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -