So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ヘンリー・ダーガー(Henry Joseph Darger, Jr.) [絵画]

絵を描くことだけではなく、生きていると他人の評価、自分は何のために誰のために絵を描き、生きているんだろうと思ったりします。

ヘンリー・ダーガーという人は1892年4月12日 - 1973年4月13日81才で亡くなるまで『非現実の王国で』という世界最長の小説(1万5145ページ)とそのために書かれた膨大な挿絵(300余点)を誰にも知られることなく、それらの作品を半世紀以上描き続けていました。

henry1.jpg

ただ一人彼を慈しみ育ててくれていた父親とも幼い時に死に別れ、人との接触を極端に嫌ったため知的障害児として施設で孤独に過ごし、16才でそこを脱走して清掃員をしながら絶望的な貧困の中これらの作品を創り続けていたのです。。

h2.jpg

これ等の作品は亡くなる前に介護施設へ送られ、部屋を片付けに入った大家さんに発見されたのです。

20090919190847.jpg

このことは新聞の『人生相談』に作家の高橋源一郎氏がヘンリー・ダーガーの生き様を介して答えておられ、この記事のことを友人が話してくれてダーガーのことを知りました。

高橋源一郎氏は ”誰にも知られることなく、自分のために半世紀以上にわたり作品を描き続けていたのです。” と書かれていましたが、私はもしかしたら自分のためでもなく、誰のためにではなく、人間だけが持ち合わせている想像する力、想像する力に導かれそれがが面白くて書いて、描き続けていたと思えてなりません。そしてこのヘンリー・ダーガーと言う人は、人間だけが持っている想像するというikimonoが進化の果てに手に入れた最高の道具を駆使し、真の人間として、人生を全うし生き切った人だと思えて強い衝撃に心打たれのです。それと誰のため何故などと思うこともなく想像の世界に埋没し駆られ生き抜いた人生を想うと、そこは遭遇してみたいあちらとこちらの際・隙間・hazamaの世界ではないかと思へ、たまらなく切なく胸が締め付けられる思いで一杯になります。

画像はこちらからいただきました。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

【宝誌和尚立像】 [絵画]

大坂市立美術館で『木X仏像』 ー飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年ー
6月4日に既に終わっているのですが展覧会がありました。
見ておきたかった 【宝誌和尚立像】一室、二室 魅力的な彫像が並んでいましたが、最終日で時間がなく二室目にあるこの彫像の元へ走って行きました。

顔の部分が左右に割れて、中から別の顔が覗いている不思議な仏像なのです。

宝.png
平安時代(11世紀)重要文化財 京都・西往寺

以前見ていた画像では次々仏様の顏が現れ動きのあるヴィジュアル感を想像していたのですが、目の前にある木彫はしっとりとして穏やかで、割れた中に現れる顏はより穏やかで動きも特別違和感などなく、私は仏像の知識は皆無で特別宗教的な想いもないのですが、一本の木から彫りあげられた見上げる静かな佇まいにその姿に、嘗て自然の中で樹であった揺らぎを感じ、この割れたなかから生まれて来るその姿に、樹の言霊・魑魅(スダマ)の存在を想い感じました。畏敬の念と共に手を合わせたくなるものがあり立ち去り難いものでした。

が、、少し驚きました。この像の横にコメントが表示されていて、以下抜粋ですが
「静謡な表情の顏が左右に裂けその中から同じ様な顔立ちの十一面観音菩薩が現れつつある。日本仏教彫刻史上最も奇抜な造像で、一本造り・・・・」とありました。

この奇抜という表現に言葉に少しウン・・?とひっかっかたのですが、奇抜というのは ”意表をついて風変り” という意味だけと思っていましたが、
【物事の着想が独自で、それまでに類をみないほど新しいさま。それまでにないほど新しく、思いもよらないほど変わっているさま。普通の人が思いもよらないほど変わっているさま。また、他に抜きんでてすぐれているさま。】とgoo 辞書にありました。

ただ私にはこの仏像が奇抜ではあったとしても ”優れ普通の人が思いもよらないほど変わっていることはあったとしても” 優れた芸術品は常に前衛的でありgoo 辞書のいう奇抜だけではないものがあると思っていて、この美術館側のコメントに少し違和感を覚えています。

美術館のWebサイトのこの木彫概要は以下で、もちろん奇抜などとは書かれていません。
『平安時代中期頃、表面に鑿跡(のみのあと)を残す「鉈彫(なたぼり)」像と呼ばれる仏像が登場します。未完成とも、木から仏があらわれる様を表現したのだとも、あるいは儀式的に早く仏像を造る必要があったのだとも考えられています。中国南北朝時代の僧・宝誌は観音の化身で、割れた額の中から金色に輝く十一面観音像の姿が現れたという説話があり、本像はそれを造形化しています。』

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

向井滋春&Morning Flight 1982 [音楽]

この頃の向井さんの生演奏聴いたことないけど、いいなぁ聴きたかったな~♪♪
若い向井さんだけど今の向井さんの吹き方と判る♪~☆彡聴きたかったなぁ[るんるん][るんるん][揺れるハート]
途中のインタビューもなんだかなぁ(;´∀`*)




今週金曜日ロイヤルホースでライブあるけど行けないし~(;(▼∀▼;)
このところ横に置いているジャズピアノ、こんなの聴くとやっぱり前へ持ってきてなんとかしたいと・♪♪

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

田伏 勉 クレパス画展 Vol.2 [絵画]

クレパス画の第一人者『田伏 勉』氏の個展が岡山の『岡アートギャラリー』で先月好評を得て Vol.2として新たな作品と共に再び開催されています。お近くへお越しの節はお立ち寄りください。

okayama.jpg

oka.jpg
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

展覧会の作品 [絵画]

第46回元展も無事終了しました。沢山の方々にお出で頂きいろんな感想・助言を頂きました。また新たな気持ちで制作していきたいです、今後に投影したいと思っています。有難うございました。

今回の作品です。

DSC_0090ccc.jpg
『ikimono~ pot hole~』変形200号 (2066x1620mm)

DSC_0089cc.jpg
『ikimono~ pot hole~』 F120号(1940x1303mm)

題材~ pot hole~ (甌穴) って何ってしばしば聞かれます。
~ pot hole~ (甌穴)の様相は こちらでご覧ください


朱色の花束をいただきました。今とても美しく咲き始め癒されています。

DSC_0187cc.jpg

DSC_0181c.jpg

今宵のお月さま輪っかが見えていましたw(´▽`*)。
DSC_0211c.jpg

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『ATP World Tour Masters 1000 Rome』2017 [スポーツ]

今イタリア・ローマで『ATP World Tour Masters 1000 Rome』テニスの試合が行われています。
我が錦織圭選手は準々決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロ選手に敗退、早々に姿を消しました。
4強と言われている選手達もノバク・ジョコビッチ選手だけ準決勝に残っていて、若い選手が台頭してきています。
ここの サーフェスはアンツーカーを採用したクレーコートで赤土です。それにあのローマ独特の形に剪定された唐松がこのスタジアムの周りにも見られ【赤土と緑の松】が、昨日やっと一日雨が降ったそうですが、真夏を思わせる太陽の元、白熱する試合と共に、印象的なとても強い色彩となって強烈な深いすり鉢状の観客席に降り注いでいます。。とまぁテレビ観戦ですが(;´∀`)、唐松に想いが広がりました。

この唐松は2014年10月ローマアッピア街道沿いのものです。

DSC_0062c.jpg

記事と写真良かったらこちらと こちらご覧ください。

赤土の王者”ラファエル・ナダル選手”が言ってました。
『観客は劇的なことや、ラリーを好む。サーブが1本、ショットが1本だけのすごい試合というのは記憶にないからね。
観客が一番記憶する試合は、信じられないポイントのある長時間の試合だ。1本のサーブや1本のショットだけに称賛が送られたり、感情が出たりすることはない』

そうです、テニスはラリーあっての妙です。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

第46回元展 [絵画]

展覧会案内をさせて頂きます。

logog-0459e.gif第46回 公募元展




会期:平成29年5月23日(火)〜5月28(日)
時間:入場受付 9:30〜16:30(閉館17:00)
会場:大阪市立美術館地下展覧会室3・4室
主催:元展美術協会

『ikimono~ pot hole~』変形200号 F120号 F10号
3点出品しています。皆様お立ち寄り下さいませ。

昨秋出会った不思議な『 ikimono~ pot hole~ (甌穴) 』に魅せられています。

poster1.jpg
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

田伏 勉 クレパス画展 [絵画]

鮮やかな色彩・重厚な絵肌、クレパスでこんな世界が描けます。お見逃しなくお立ち寄りください。

tabusicc.jpg

tabisi1.jpg


bcc.jpg
それとこんなグッズ「Ben Tabushi」バッジ”も展示されています。


cupcc.jpg
また近々マグカップもお目見えするかもしれません。


それに 阪急三番街 4月27日 にリニューアルオープンしたんですね。
”カワチ”も改装して「画人画廊」 どんなに変わったのかな?

kawati.jpg
カワチ阪急三番街店

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

白いikimono~波 [海]

時間と気持ちにちょと隙間ができたので、やっぱり海のDNAに遭いに行ってきました(*´▽`*) 空がとても美しく青く広がっていた日です。黒い烏と黄色い愛車で少し遠くの海辺を彷徨いました。

markcc.gifこの日の黒い烏は、日本サッカー協会のシンボルマーク、神武天皇東征に先導し、日本神話にも出て来る三本足の八咫烏の様に勇壮に先導するでもなく、ローマで出会ったダンデーなツートーンの烏のように粋でもなく、日本古来の濡れ羽色をした艶やかさがあるわけでもないけれど、愛車の黄色と黒の取り合わせがいいかなって(≧▽≦;) 黒い烏はルーフキャリアかも??(*^^)v

ここは岩場の浜でまだ連休中だったけれど人も少なく、この釣り人と幼い子供連れの家族のみでした。

画像62ac.jpg

岬がぐるっーと東の方に回り込んでいたので、崖下に添って大小さまざまな岩を乗り越え、波を避けてどんどん進んでいくとだぁれも居ない岩場と大海原が広がっていて独り占めでした。
そこへ白いikimonoが前のめり前のめりになって先を急ぐようにこちら向かってやって来るのです。凄い速さで競走馬のように前足を漕いで争ってやってきます。競馬を見るより動きが複雑で遥かに面白いですが、この写真では臨場感ないですネ・・・

画像13aa.jpg

画像28a.jpg

暫くikimonoの競演に見惚れていましたが、崖と波が接している狭いところがあったので時間が経つと満ち潮になってくるかもなぁ~、、帰れるかなぁ~と思いがよぎって現実に引き戻されました。
波が引いている間に岩を飛び越えたりして ∩(´∀`)∩ やっぱり帰りはかなり危険になっていました。だぁれも来ないのはそのせいでしょうか、こんなikimono~白い波に出会えるのですが。。

この浜は他にも危険がありました。こちらはタイミングが判らない危険区域です。

画像44c.jpg

この崖の下で休んでいたら、トン、トン、トンと肩・背中を叩かれるのです。何だろうと思っていたら落石でした。小さな石で幸い頭にも当たらなかったですが、ふと見上げてびっくりしました。今にも崩れそうなところがあり、周りをよく見ると崖崩れの断片があちこちに!

画像47c.jpg

もとの釣り人がいた浜へ帰ってくると、4人の男女が何かの海藻を採って集めていました。『何を採っているのですか?』と尋ねたら『天草、このふわふわしたのがそうで、こっちは少し硬くて、違う』と。向かって左が天草で、右の名前は知らないという事でした。

画像39ac.jpg

大きめのビニール袋4つ位集めていました。茹でて乾かしを繰り返し、白くなったら『ところてん』になって、2杯酢にしたり、今回はコーヒーゼリーにもしようかなと言われていました。

そういえば『ところてん』は何故か食べたことがなく、今日スーパーに行ったら今まで気づかなかったのに不思議と目についたので買ってみました。。 多分寒天みたいなのかなと思っていますが、見たところ春雨を戻したみたいな様相です(^^♪ どんな味やろ、、何か過去にあまり良いイメージがなかったような感じがして、、まだ食べていません(;´∀`)。

今、ウィキペディアを見てみると『ところてんを戸外で凍結乾燥させたものが寒天である』とありましたヽ(^▽^)丿。

ゼラニュームの朱色 [花・樹]

ゴールデンウイーク真っ只中、皆様如何お過ごしなのでしょう?新緑の野山の散策・美しい藤の花・牡丹等の鑑賞を楽しまれているのでしょうか?高槻ではジャズストリートも♪♪♪♪♪
私めはそれ等を横目に今日4日は、23日から天王寺美術館で開催される『元展』の搬入があって、搬入が終わって部屋も少し片づけベランダも掃除しました。

画像7a.jpg

ベランダを掃除しているとこの間から少し咲きかけて来たゼラニュウムが綺麗な色になり始めています。以前の記事にも書きましたが、このゼラニュウムは不思議な朱色を持った花で、この季節に満開になってその後夏の終わりにもう一度咲き誇り、その夏の夕方に太陽が西へ沈み始め、陽の光が無くなりかけても、夏の空はまだまだ明るく、その時に何だろう?何か?こう、周りに虚無的な儚い空間を漂わせながら、深く美しい不思議な朱色をほんの束の間見せてくれることがあるのです。

画像4a.jpg

昨年は5月に美しい朱色を咲かせましたが、暑さが凄い異常気象だったせいか、その後傷んで、あぁーもうこのゼラニュームもダメになってしまったのかな?と思っていたのですが、少し残っていた部分を別の鉢に挿してみたら元気になってくれたのです。今年は夏の終わりに、あっーと、するりと逃げてしまうあの朱色を、あの虚無が漂う一瞬にもう一度あの朱色を捕まえることができるかな?と想い続けています。

画像4c.jpg

23日からの『元展』案内の詳細は追って掲載させて頂きます。

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -