So-net無料ブログ作成

不思議なオブジェ『Gandhi Garame』 [絵画]

流木の一部で創られた不思議なオブジェ 『Gandhi Garame』 やはり不思議なIKIMONOだった。
「これがなんであるか、全部はわからない」と言っていたこのオブジェの作家北村きちろう氏は
そのおおよその生きざま、在り様は知り得て把握されているとのことだった。でもこれほどの変容を
予想されていただろうか?しかし当然かもしれないその変化を、生きざまを日々観ることで、その過程
を楽しみ、そしてその不思議を見つめることができる私のもとへ、このオブジェは流され、やってきたの
だと思えた。

始めて写真を撮った3月29日 これは以前のカメラ『FinePix2500Z』のもの
3.29cc.jpg

5月27日のfrontとbackの様子 ここからは『Nikon D3300 』で撮影
5.27f.jpg

5.27b.jpg

6月7日現在室内
008c.jpg


ベランダ
023c.jpg

そして、いろんなものとコラボしてみると儚い美しさが、なんと生き生きしていることか!美しい!!

紫陽花と
022c.jpg

まさに『Gandhi Garame』も美しい花と化している
019c.jpg


背景は高くそびえるオリーブ
025s.jpg

『Gandhi Garame』今まさに崩れなんとする美しさに満ちている。これからまだまだ生き続け変化して、どのような不思議を垣間見せてせてくれることだろう。

nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 8

猫爺

mirroさんおはようございます。

Gandhi Garameの網が解けてビックリ。何で〜?
雁字搦めから開放されて生まれ変わるのか?
あるいは宇宙からの電波が強すぎてアンテナが溶けたのか?
まあ不思議なオブジェです。

写真の方、めきめきと腕を上げておられるご様子。
特に二枚目の写真は、
背景とGandhi Garameとの色、光の対比、お見事。
光をコントロールされて質感も良く出ています。

他の写真も背景との関係をいろいろ模索され
この分だとあっと言う間に写真界デビュー?
「山田君、座布団一枚!」と申し上げておきます。



by 猫爺 (2014-06-12 07:58) 

つぐみ

『Gandhi Garame』 変化しているのですね。
虫を連想してしまってちょっと苦手になってしまいました^^;

ガクアジサイですか?「墨田の花火」かしら?
清楚でいいですね。
このアジサイがベランダで咲いているなんていいですねぇ~^^
by つぐみ (2014-06-12 19:58) 

mirro

猫爺 さま
ああっありがとうございます<(_ _)>
背景はいろいろ考えますが、光はどうなんだろう?と思いながら、
ほとんどカメラ任せです。(@_@;)
最後のオリーブのは気に入っているのですが、
逆光気味で光が足りない?強制フラシュにすべきだったでしょうか?

Gandhi Garame は解き放たれて、
自由の身になりつつあるのでしょうか?
私は今、自分の意思でありながら、ある物事に束縛され
雁字搦めの状態のような気がします。
このオブジェのように、自分の纏っているものが
柔軟なものであってほしいです。

by mirro (2014-06-12 20:53) 

mirro

つぐみさま
虫?やっぱりIKIMONOを連想されるのですね?
Gandhi Garameは不思議なオブジェだったのです。

紫陽花『墨田の花火』です。
ここには写っていませんが、他にも2種類あります。
ほったらかしなのに、楚々とですが咲いてくれます。
by mirro (2014-06-12 21:01) 

猫爺

mirroさんおはようございます。
コメントの捕捉です。

光のコントロールとはどれくらい光を当てるかと言う事でなく
(これは露出とか露光とか言います)
光をどの方向から取り入れるか、と言う事です。
(ライティングと言います)

光の方向で撮るものの質感やドラマ感を表現できます。
また背景から分離する事で、
より被写体を際立たせることも出来ます。

絵で言えばレンブラントやフェルメールの絵を思い起こすと
よりご理解しやすいかと思います。

その意味でストロボを炊いてしまうと、
全面からベッタリと光が当たり、
ギャグの『パイ投げ』のような絵になる可能性があります。
顔にパイがベッタリ、顔真っ白、みたいな。
(もっともD3300は上手にシンクロしてくれそうですが)

写真の上達は絵と同じく、どれだけ優れた作品を観るか、
と言う事だと思うのです。

あ、何か上から目線で済みません。ご参考になさって下さい。

by 猫爺 (2014-06-13 08:53) 

りつこ

うん、うん、やはり良いカメラ鮮明に取れてますね!(*^^*)

カメラにハマってください!もっと早くにカメラに深くこっていたら、ミロさんの今までの絵画もバッチシ撮れていたのにぃー!

照明やらこって今ある絵画も撮ってください!
by りつこ (2014-06-13 19:26) 

mirro

猫爺様
ははぁ<(_ _)> 上から目線というかとっても嬉しいです。
きっちり、説明いただいて有難うございます。
カメラも絵も同じなんですね。
一番判りやすい石膏像の全面からの光と
斜めからの表情の違い思い出しました。

優れた写真作品: 眞さん以外の作品気にしてなかったです(*^^)v。
by mirro (2014-06-13 22:40) 

mirro

りつこさん
ありがと。
やっぱりちょと何かが違うよね。
D3300 私の目になって欲しいけど、
技術の習得大変なので、猫爺様の教え受けながら
入門あたりで、うろうろねっ(^_-)-☆

またD3300で今までの作品撮ってみますね。
ありがとねx2。

by mirro (2014-06-13 22:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0