So-net無料ブログ作成

塩の話 [雑感]

なんだかこのところいろんな『塩』が少量だけれど、海外のお土産だったりあれこれ手元に届くので『塩』っていろんな謂れもあり、我々生物は適量のナトリウムが欠乏すると生命維持に危機を生じると言われているし、なんだかなーと塩のことに想いを馳せてみました(*´▽`*)。。

まず思い出されたのが
【敵に塩を送る】
敵対する相手に援助を差し伸べる、上杉謙信が武田信玄の窮地に塩を送ったとされる有名な話
【青菜に塩】
元気のあった人・物が急に勢いをなくす ...
【因幡の白兎】 
白兎は騙した和邇ざめに毛を剥がれ伏せっていたところ、八十神たちに『海で塩水を浴びて、風に当たって伏していなさいといわれ、より痛みに苦しんだけれど大国主神に助けられる
【塩の柱】 
旧約聖書の話で「後ろを振り返らないで逃げなさい」と神から助けの指示をもらったのに、ロトの妻は後ろを振り返ってしまい「塩の柱」にされてしまった

とまぁなんだか弱り目に祟り目みたいな話が思い出され、う~ん今私は窮地に追い込まれ状態なのかもと思ったりしました(;´∀`)。。。
でも【清めの塩 】とか【盛り塩】とかがあって、穢れを祓い清める力を持つと見なされているし、厄除、魔除け、邪気祓いなどの意味があるとのことなので、この窮地?は払いのけられるのかなと?ヽ(^▽^)ノ

ちょと思ったのは旧約聖書【塩の柱・ロトの妻】の話は神に従わないと命を堕とす教訓なのだそうだけれど、それに反して因幡の白兎は助けられるところをみると、日本の神様は鷹揚で優しいのかな?。日本神話の神様はとても人間に近い存在だけれど、旧約聖書の神様は絶対的な存在で「これが正しいんだ、神様はこう言ってるんだ」と言われてるように思われたりします。あっー、、アプレイウスの「黄金のろば」の中で読んだ挿話のことを思い出しました、人間の娘プシケーは自分の夫となった神であるクピードーを見てはならないと言われていたのに見てしまい、幾多の試練・困難を与えられたにもかかわらず、それらを乗り越え女神となって二人は結ばれ「喜び・悦楽」を手に入れたギリシャ神話もあるなぁーと。。

IMG_0398aas.jpg

真ん中のストックバッグに入っているのが【ボリビア ウユニ湖 湖塩】
その右タッパー【シチリア 海塩 + ヒマラヤ ピンク岩塩】
その下ストックバッグ【パキスタン ヒマラヤピンク岩塩 3億数前年前のもの】
真ん中瓶【アイスランド タイムと灰色の溶岩塩+海塩】
その左 【フランス ブルターニュー ゲランド海塩田 粗塩 】
その下 【島根県 ワインソルト 海水+ 赤ワイン】

どれも少しづつ味が違っておやつにちょと舐めて頂くと甘くて塩っぽくて美味しいのです。もちろん料理に使うと素材の美味しさが増すのですが。。

nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

nice! 12

コメント 6

middrinn

旧約のヨブ記の神なんか絶対的で容赦ないですよね(..)
by middrinn (2018-03-20 09:06) 

mirro


midorinnさん…
容赦ないいんですね……以前書いたコメントからですが、
「これが正しいんだ、神様はこう言ってるんだ、従わないと命を堕とす」と言われたら、その宗教の信者はそれを信じるしかないし、我々はそこで思考が停止されてしまうんじゃないのかなと。
そうではなくそれぞれの人がそれぞれの手段で、手の届かない何かに少しでも触れてみたい、追求してみたいという思いがやっぱりあってこそのものじゃないのかなって、常々思っています(*´▽`;)。
by mirro (2018-03-20 15:06) 

つぐみ

いろんな塩があるんですね。
塩からいろいろ話に派生されるmirroさんの感性が羨ましいです。
「減塩」のことしか頭にないです^^;
特に健康障害があるわけでもないのですがちょっと予備軍に入りそうなので・・・。
by つぐみ (2018-03-20 22:13) 

mirro

つぐみさん
そうなんです、私もスーパーで売っている【伯方の塩】ぐらいしか
知らなかったのですが、たまたま少しづつなのですが塩が送られてきて
例によって ”これってどういうこと” となったわけです( ̄▽ ̄;)
アイスランドのハーブ入りの塩なんかそのままで美味しいのですよ☆彡
Netでも購入できるようですよ。
減塩は通常の塩でお願いします(^_-)-☆
by mirro (2018-03-20 22:59) 

U3

唯一神のキリスト教と多神教の日本との違いは大きいですね。
考えてみれば英語では神に複数形はないですよね。"GODS"とはならず常に"DOD"です。日本の古代神道とは大違い。
by U3 (2018-03-22 09:08) 

mirro

U3さん
コメント有難うございます。
生存したその土地土地の自然に人々がその環境に合わせて、この世を創造した神を想い従い、また一方では探し求め続けているのかと思っています。

by mirro (2018-03-22 15:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。