So-net無料ブログ作成
2017年09月| 2017年10月 |- ブログトップ

【特別展】白洲 正子ときもの [絵画]

この展覧会は阪急うめだギャラリー で10月9日既に会期を終えていますが、アップが今頃になってしまいました。
白洲正子さんはその随筆集『かくれ里』で並大抵ではない行動力と素晴らしい感性を持たれた方だと知り、このブログでも何度も記事アップしている河内長野金剛寺の『日月山水図屏風絵』の存在を知らしめてくれた随筆集でその作家には特別な想いがあります。彼女の屏風絵の評と私のこの屏風絵の見方・想いに少し違いはありましたが、私が熱狂的にこの屏風絵の虜になった切っ掛けを与えられたのが白洲正子さんです。今、屏風絵はフィレンツェのウフィッツィ美術館へ出向いていて、例年の11月3日の開帳はありません。帰国後は国宝になるのかな?と思っています。

これは金剛寺屏風絵の記事です:
http://mirro.blog.so-net.ne.jp/2016-01-07
http://mirro.blog.so-net.ne.jp/2016-05-06
http://mirro.blog.so-net.ne.jp/2016-11-05

会場に入って直ぐこの打掛がありました。
「菊牡丹梅立湧文打掛」
c.jpg
同行の友と私は本当に同時に「憎いねー」と顔見合わせてしまいました。何とも可愛いくて、美しくて、それにどの模様もひとつとして同じなのがなく決して対称になっていない。

着物と帯それにちらりと見える八掛等の取り合わせが絶妙で、日常の普段着までも素晴らしい芸術作品でした。。この日本人が持っているこの感覚を世界の人達が絶賛しているのに、日本人は気が付かなかった。男性のネクタイもこんなデザインのを〆るとどんなに素敵だろうと思ったりしました。

img_10.jpg

それと田島隆夫さんという織物作家の方が描かれた彩墨画(白洲正子が付けた呼び名)が数点あってその一番左端にあった絵に惹きつけられました。桜の花枝が一輪、陶器ともガラス瓶ともとれる花瓶の口は、向う側は描かれていなくて、何も決めつけられていなくて、桜の花も瓶も全て観る側の想いに委ねられているそんな絵がありました。一体こんな絵を描く方はどんな方なんだろうと。

田島隆夫さん、この方は白洲正子さんと店主と職人という出会いから、得がたい友人となるまでの20年間絵を添えた白洲正子さんへの手紙は、彼女をなぐさめ励まし魂と魂が響き合い、二人の手紙の交流が遣され文筺となっている【白洲正子への手紙】。。。また読んでみます。
織物も他の絵も素晴らしいものでしたが、この桜の花一枝と花瓶の絵は、澄んでいて何物にも捉われないその自由さが私の心にも大きく響き、未知に暖かい何かかあるだろうと思わせてくれました。

白洲正子さんが田島さんの作品を見に行った数日後:
今年も、個展に並べる絵を選びに行って、三百枚くらいの中から六十枚程選んだ。何時間もかかる。疲労困憊する。途中で一休みしてちょっとウイスキーを飲み、すっかり終ってからゆっくり飲ませてもらい、夜中の三時頃になって帰ろうとするところで、田島さんが、どこかその辺から巻いた織物を三本か四本とり出して私に見せた。どこかその辺というのは私が酔っているからで、織物はまるで手品のように私の眼の前に現れたが、その美しさに私は感動した。
あの感動は何だろう。単に美しいものを見たという、それだけはないのだ。うまく言えないので寝言みたいなことになってしまうが、この頃、私ははかなさということをいつも思っている。人生もはかないし美もはかない。どっちみち、いずれはみんな消えてしまう。あとには何も残らない。残るとすれば自分のためにしたことではなく、他人のためにしたことだけが残るのではあるまいか。田島さんは織物を織るとき、それを着る女の人を美しくするために織る。田島さんの織る布は、田島さんを離れて、どこかで誰かを美しくするためにそこで生き、そこで残る。
そのことに私は感動したのだ。一年に一度私は田島さんの家に行き、行けば必ず何かだいじなことを教えられる。今年もそうだった。
shunroku_01_1014.jpg


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

本掘雄二「薬師堂」 [絵画]

渋谷【NANZUKA】で開かれていた本掘雄二氏の「薬師堂」観に行ってきました。
本掘さんの作品はご本人のFacebookで始めて見ました、それはなんとも不思議な仏像で、一体これは何だろう?素材は何だろう?と、よくよく見ると判ったのです『ダンボール』だ!驚きと感嘆で打ちのめされました。で、本物がどうしても見たくなって、『こちら関西で作品見れるところありませんか?』と尋ねたら関西にはないけれど…9月9日~10月7日まで渋谷のNANZUKAで個展されるとのことだったので、最終日になってしまったけれど本物を見てきました!。

「薬師堂」
IMG_0209.JPG

画像9c.jpg

これ等の仏像は真正面から見るとダンボールの隙間が透けて儚さのある流れに崩れそうな予感があって、そこを少し角度を変えてみると、なおかつダンボールに残された文字や色が現れ、重量感のある立体がポップ調で迫ってくるのです。

IMG_0192c.jpg

IMG_0195c.jpg

仏像はダンボールの切れ端が何層にも貼り付けられ、その切れ端をよく見ると少し焦げ目があり茶色くなっています。多分切れ端がもろもろにならないように焼いて何か接着剤のようなもので処理して止めてあるのかと思いました。一枚一枚スッゴイ作業で、そしてこんなに大きな立体になって存在するのです。

IMG_0197c.jpg

仏像のことはなんの知識もないのですがこれは、薬師如来座像で、両脇に日光・月光菩薩、さらにこれらを守る十二神将がそれぞれのポーズで荒々しく力強く配置されていました。

この両面を持った作品、繊細で流れゆく儚さと、力強く立体的である、その【HAZAMA(狭間】こそがこんなにも不思議で魅力的な驚愕の世界に導いてくれるんだと思います。

「不動明王像」
画像11c.jpg


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

岡田純子展 [絵画]

燃え盛っていたあの狂ったように上昇する暑さ、照り付ける太陽、大好きな夏も過ぎ去り季節は確実に廻り移り変わっています。。
この澄んだ美しい日々の中、沢山の展覧会案内が送られてきます、親しい友人の展覧会案内をひとつ。

「岡田純子展」ーやまとの懐ー
okada.jpg

okadac.jpg

☆ーやまとの懐ー
不思議に抱かれる世界が広がっているに違いありません。お立ち寄りください。


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

2017年09月|2017年10月 |- ブログトップ