So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘンリー・ダーガー(Henry Joseph Darger, Jr.) [絵画]

絵を描くことだけではなく、生きていると他人の評価、自分は何のために誰のために絵を描き、生きているんだろうと思ったりします。

ヘンリー・ダーガーという人は1892年4月12日 - 1973年4月13日81才で亡くなるまで『非現実の王国で』という世界最長の小説(1万5145ページ)とそのために書かれた膨大な挿絵(300余点)を誰にも知られることなく、それらの作品を半世紀以上描き続けていました。

henry1.jpg

ただ一人彼を慈しみ育ててくれていた父親とも幼い時に死に別れ、人との接触を極端に嫌ったため知的障害児として施設で孤独に過ごし、16才でそこを脱走して清掃員をしながら絶望的な貧困の中これらの作品を創り続けていたのです。。

h2.jpg

これ等の作品は亡くなる前に介護施設へ送られ、部屋を片付けに入った大家さんに発見されたのです。

20090919190847.jpg

このことは新聞の『人生相談』に作家の高橋源一郎氏がヘンリー・ダーガーの生き様を介して答えておられ、この記事のことを友人が話してくれてダーガーのことを知りました。

高橋源一郎氏は ”誰にも知られることなく、自分のために半世紀以上にわたり作品を描き続けていたのです。” と書かれていましたが、私はもしかしたら自分のためでもなく、誰のためにではなく、人間だけが持ち合わせている想像する力、想像する力に導かれそれがが面白くて書いて、描き続けていたと思えてなりません。そしてこのヘンリー・ダーガーと言う人は、人間だけが持っている想像するというikimonoが進化の果てに手に入れた最高の道具を駆使し、真の人間として、人生を全うし生き切った人だと思えて強い衝撃に心打たれのです。それと誰のため何故などと思うこともなく想像の世界に埋没し駆られ生き抜いた人生を想うと、そこは遭遇してみたいあちらとこちらの際・隙間・hazamaの世界ではないかと思へ、たまらなく切なく胸が締め付けられる思いで一杯になります。

画像はこちらからいただきました。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

【宝誌和尚立像】 [絵画]

大坂市立美術館で『木X仏像』 ー飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年ー
6月4日に既に終わっているのですが展覧会がありました。
見ておきたかった 【宝誌和尚立像】一室、二室 魅力的な彫像が並んでいましたが、最終日で時間がなく二室目にあるこの彫像の元へ走って行きました。

顔の部分が左右に割れて、中から別の顔が覗いている不思議な仏像なのです。

宝.png
平安時代(11世紀)重要文化財 京都・西往寺

以前見ていた画像では次々仏様の顏が現れ動きのあるヴィジュアル感を想像していたのですが、目の前にある木彫はしっとりとして穏やかで、割れた中に現れる顏はより穏やかで動きも特別違和感などなく、私は仏像の知識は皆無で特別宗教的な想いもないのですが、一本の木から彫りあげられた見上げる静かな佇まいにその姿に、嘗て自然の中で樹であった揺らぎを感じ、この割れたなかから生まれて来るその姿に、樹の言霊・魑魅(スダマ)の存在を想い感じました。畏敬の念と共に手を合わせたくなるものがあり立ち去り難いものでした。

が、、少し驚きました。この像の横にコメントが表示されていて、以下抜粋ですが
「静謡な表情の顏が左右に裂けその中から同じ様な顔立ちの十一面観音菩薩が現れつつある。日本仏教彫刻史上最も奇抜な造像で、一本造り・・・・」とありました。

この奇抜という表現に言葉に少しウン・・?とひっかっかたのですが、奇抜というのは ”意表をついて風変り” という意味だけと思っていましたが、
【物事の着想が独自で、それまでに類をみないほど新しいさま。それまでにないほど新しく、思いもよらないほど変わっているさま。普通の人が思いもよらないほど変わっているさま。また、他に抜きんでてすぐれているさま。】とgoo 辞書にありました。

ただ私にはこの仏像が奇抜ではあったとしても ”優れ普通の人が思いもよらないほど変わっていることはあったとしても” 優れた芸術品は常に前衛的でありgoo 辞書のいう奇抜だけではないものがあると思っていて、この美術館側のコメントに少し違和感を覚えています。

美術館のWebサイトのこの木彫概要は以下で、もちろん奇抜などとは書かれていません。
『平安時代中期頃、表面に鑿跡(のみのあと)を残す「鉈彫(なたぼり)」像と呼ばれる仏像が登場します。未完成とも、木から仏があらわれる様を表現したのだとも、あるいは儀式的に早く仏像を造る必要があったのだとも考えられています。中国南北朝時代の僧・宝誌は観音の化身で、割れた額の中から金色に輝く十一面観音像の姿が現れたという説話があり、本像はそれを造形化しています。』

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

田伏 勉 クレパス画展 Vol.2 [絵画]

クレパス画の第一人者『田伏 勉』氏の個展が岡山の『岡アートギャラリー』で先月好評を得て Vol.2として新たな作品と共に再び開催されています。お近くへお越しの節はお立ち寄りください。

okayama.jpg

oka.jpg
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

展覧会の作品 [絵画]

第46回元展も無事終了しました。沢山の方々にお出で頂きいろんな感想・助言を頂きました。また新たな気持ちで制作していきたいです、今後に投影したいと思っています。有難うございました。

今回の作品です。

DSC_0090ccc.jpg
『ikimono~ pot hole~』変形200号 (2066x1620mm)

DSC_0089cc.jpg
『ikimono~ pot hole~』 F120号(1940x1303mm)

題材~ pot hole~ (甌穴) って何ってしばしば聞かれます。
~ pot hole~ (甌穴)の様相は こちらでご覧ください


朱色の花束をいただきました。今とても美しく咲き始め癒されています。

DSC_0187cc.jpg

DSC_0181c.jpg

今宵のお月さま輪っかが見えていましたw(´▽`*)。
DSC_0211c.jpg

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

第46回元展 [絵画]

展覧会案内をさせて頂きます。

logog-0459e.gif第46回 公募元展




会期:平成29年5月23日(火)〜5月28(日)
時間:入場受付 9:30〜16:30(閉館17:00)
会場:大阪市立美術館地下展覧会室3・4室
主催:元展美術協会

『ikimono~ pot hole~』変形200号 F120号 F10号
3点出品しています。皆様お立ち寄り下さいませ。

昨秋出会った不思議な『 ikimono~ pot hole~ (甌穴) 』に魅せられています。

poster1.jpg
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

田伏 勉 クレパス画展 [絵画]

鮮やかな色彩・重厚な絵肌、クレパスでこんな世界が描けます。お見逃しなくお立ち寄りください。

tabusicc.jpg

tabisi1.jpg


bcc.jpg
それとこんなグッズ「Ben Tabushi」バッジ”も展示されています。


cupcc.jpg
また近々マグカップもお目見えするかもしれません。


それに 阪急三番街 4月27日 にリニューアルオープンしたんですね。
”カワチ”も改装して「画人画廊」 どんなに変わったのかな?

kawati.jpg
カワチ阪急三番街店

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

作品:母の顏 [絵画]

前記事『魍魎』(SUDAMA)の世界を彷徨った後、やはりどこかに精霊を感じさせるこんな作品に出会いました。

rinp.jpg
「母の顏」water-soluble 向井倫太朗


rincc.jpg

この倫太朗氏の絵、確かに母上に似ているのですが、このワンチャンにも似ているともっぱらの評なのです(´▽`*)。色んな色を混ぜて茶色にするのにハマっていた時期の作品とのことですが、それもナカナカのことですが、いやぁ~しかしそれにもまして驚かされるのはこのチューブのような輪郭の筆跡とタッチの凄さ!彼は御年3歳10か月!!驚きです。一体全体この筆使いの妙はどこからくるのか?

いやはや、、、実は父上が、かのジャズトロンボーン奏者「向井滋春」氏なのであります。このような力強さ、滑らかさ[ムード]絶妙な色のハーモニーやはりDNAなのでしょうか♪^▽^♪。

今私が追い求めている河の 甌穴(pot hole)作品にも通じるikimonoも感じられ、こんな風に表現できればと思ったりもしてしまいました。(;´∀`)

いずれにしても、魅力ある作品です。

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『北村きちろう展』 [絵画]

『北村きちろう展』行ってきました。4月22日迄 ギャラリー白 大作3点と水彩画4点の出品です。

画像6c.jpg
魑魅1 oil『SUDAMA』 3243x1620mm

画像3c.jpg
魑魅2 acrylic『SUDAMA』2923x1940mm

画像1c.jpg
魑魅3 acrylic『SUDAMA』1940x1620mm 

画像8c.jpg
watercolour

4年前に出会った岸和田の林に、そこに居るかもしれない魑魅『SUDAMA』を追い求め毎週通い続け描かれた作品です。魅惑的な世界が広がっていました。秀逸な作品が出来上がっていました。

私にはこれ等の作品に魑魅『SUDAMA』はまだ完全に見えていないと感じられましたが、静かにどこかに潜んでいるそんな予感がありました。想像を喚起させられ不思議を想う素晴らしい作品です。
魑魅『SUDAMA』辞典によれば魑魅は山川の精霊と言われていますが、私はこちらの世界とあちらの世界の“はざま”にいるikimonoではないかと思っています。

CONCEPT   
The concept of 魑魅『SUDAMA』 suddenly arose inside me when I visited a village vicinity mountain(satoyama) in Kishiwada city. One drizzling afternoon I came across a banquet of colors in this satoyama . A giant wax tree was standing in the rain near a newly made trail, showing off its glossy red leaves among dead grass. I had visited the place every week since then to work over my ideas. It was like jumping into paint box. I felt joy.The color sense of Japanese art that many foreign impressionists admire has come from these natural features of this land. And people who grow up here acquire this sense without realizing it. As a native, I believe that I can express this Japanese sensitivity effectively by using Western techniques.
Kichirou Kitamura

nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

春の展覧会案内 [絵画]

桜の花もほころび新しい命の蠢きも感じられるこの季節、たくさんの展覧会案内が次々送られてくるその中で、親しい友人の展覧会案内を2つ。

「北村きちろう展」-魑魅ー haku.jpg

hakuc.jpg

☆-魑魅ー 
面白い世界が広がっているかもしれません。お立ち寄りください。




「田伏 勉 クレパス画展」
t1.jpg

ta1.jpg

ta3.jpg

☆田伏氏の個展会場は岡山後楽園のすぐ近くです。お近くの方お立ち寄りください。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

驚異、朱色との出会いー『Simon Everington』作品展 [絵画]

ふと、何気に、通りがかりに【GALLARY Ami Kanoko 】へ立ち寄ってみると2階の【 kanoko 】で『Simon Everington『(サイモン・エバリントン) さんというUK出身の方が立体の作品を展示中でした。これは↓↓案内状に使われた画像ですが、作品も違った方法で展示されていました。

ac.jpg

【kanoko】の2階は和室で窓際の廊下にこんな朱色の作品が並べてありました。

4c.jpg

6c.jpg


このところ惹かれている朱色に、朱色の作品に偶然に本当に偶然に導かれてしまったのです。

この作品は↑↑セラミックでその上にアクリル絵の具のバーミリオンを何度も何度もかけて仕上げたそうです。
日本語はとても上手で日本へは陶器の勉強にやって来て、『このセラミックもやりたい放題で割れたり壊れたり、なんでもありなんです。』と宣うので、『自由闊達にってことですね?』と言うと、ニッコリ笑って『まぁ、そうですね。』
『和室で作品展示をすることに何か拘りがあるのですか?』と尋ねたら、特別なくてたまたま話しがあったのだということでした。

後、鴨居にぶら下げてあるバーミリオンの作品2点と以下の2作品は
mixed-media; ceramic, wood, paper clay, metal, acrylic paint,etc.

1c.jpg

これが案内状の作品です、光もですが撮る角度が違うとこんなに違うのですね。
3c.jpg

こちらは楽器のような感じもします。 ウルトラマリーンとブラックで塗られています。

2c.jpg


5c.jpg

これ等の作品は、特に廊下に並べられた作品は ”これはこうこうだ” と決めつけることがなく、いろんな想像を呼び起こさせてくれて楽しめました。Simonさんの穏やかでにこやかな作品についてのお話にも、お人柄にも惹かれてしまいましたが、昨年春頃から朱色のことが気がかりで、想いを強く馳せてしまう傾向にありましたが、こうして偶然に朱色に巡り合ってしまう不思議に、昨年末のチェスト先日の緋色の毛氈といい驚異を感じてしまいます。

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート