So-net無料ブログ作成

ゼラニュームの朱色 [花・樹]

ゴールデンウイーク真っ只中、皆様如何お過ごしなのでしょう?新緑の野山の散策・美しい藤の花・牡丹等の鑑賞を楽しまれているのでしょうか?高槻ではジャズストリートも♪♪♪♪♪
私めはそれ等を横目に今日4日は、23日から天王寺美術館で開催される『元展』の搬入があって、搬入が終わって部屋も少し片づけベランダも掃除しました。

画像7a.jpg

ベランダを掃除しているとこの間から少し咲きかけて来たゼラニュウムが綺麗な色になり始めています。以前の記事にも書きましたが、このゼラニュウムは不思議な朱色を持った花で、この季節に満開になってその後夏の終わりにもう一度咲き誇り、その夏の夕方に太陽が西へ沈み始め、陽の光が無くなりかけても、夏の空はまだまだ明るく、その時に何だろう?何か?こう、周りに虚無的な儚い空間を漂わせながら、深く美しい不思議な朱色をほんの束の間見せてくれることがあるのです。

画像4a.jpg

昨年は5月に美しい朱色を咲かせましたが、暑さが凄い異常気象だったせいか、その後傷んで、あぁーもうこのゼラニュームもダメになってしまったのかな?と思っていたのですが、少し残っていた部分を別の鉢に挿してみたら元気になってくれたのです。今年は夏の終わりに、あっーと、するりと逃げてしまうあの朱色を、あの虚無が漂う一瞬にもう一度あの朱色を捕まえることができるかな?と想い続けています。

画像4c.jpg

23日からの『元展』案内の詳細は追って掲載させて頂きます。

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

白波の梅林・梅離宮 [花・樹]

2000本近くの梅が山間の谷に栽培されている大阪南部にある梅林、そこここの公園等の梅観とはまた違った趣があります。今年は気候が不順でどうなんだろうと?案じていましたが、頂上は6~7分咲き、谷間は3~4分咲きで昨年は満開で見られた谷間の梅の白波はまだ沖の方にあって、押し寄せてきていませんでした。

この少しある薄緑の空間が白波で埋め尽くされるのです。
昨年は『梅源郷』今年は『白い波、梅離宮』を想いました。

画像2cc.jpg

画像14cc.jpg

この梅林は江戸時代初期から栽培され、梅の白波は毎年やってきますが、1本の幹からの見事な枝ぶりは人々の手によってなされ、守られ手入れされていても多分何かの害虫がついているのでしょうか?幹に白いカビのようなものが見られる木も少しありました。それはそれで風情?がありました。。。

画像28c.jpg

蕗の薹:早く美味しく食べたい(´一,`*)
画像35c.jpg

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

オリーブとリース [花・樹]

6年前にほんの苗木だった2本のオリーブがこんなに大きく育って、ここにお住まいの主は少々辟易している模様です。
sss.jpg

ここのお家の2階の出窓の向うに風に吹かれ、陽の光を浴びてキラキラ銀色に輝く葉や枝を見ていると、ゆらゆら揺れて自分も爽やかな風のもと、繊細でしなやかなオリーブの樹になってしまってる気分~(´▽`*)~・・

一方我がベランダのオリーブ、今年は5月下旬から6月にかけて白いクリーム色の花を咲かせたのですが、そして秋の初めには明るい緑色、深まる秋にはピンクから赤色を帯び、紫へ、そしてこんな黒色の実をつけるはずだったのですが、、、

o1.jpg
(これははじめて収穫した時の、どんな宝石にも勝る実です。)

ところが、なんとなんと実はならず、いつのまにか全部落ちてしまったのです(;´∀`)。

なのになのになのにです、ここの地植えで育ったオリーブは今年も実も付けてこんなリースまで作れたのです。
o.jpg
えっーとこの画像は『オリーブの本』に掲載されているものです、こんな感じで作りました。
オリーブだけでとてもシンプルでした。

それにリースといえばクリスマス、こんな素敵なのも出来上がって来たりしています°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
rb.jpg
これは糸杉・野バラの実・夏に乾かしたレモンです。
自然のものだけで作ったリース、この友人宅の扉には、きっと素敵な気の流れが入って来ることでしょう。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

薔薇とその周辺 [花・樹]

皆様にお出で頂いた展覧会期中の週でしたが、薔薇をはじめ花々が咲き乱れている友人宅へ行って癒され、また向井滋春さんのライブもあってとても変化に富んだ1週間を過ごすことができました。
取り敢えず素敵な邸宅と薔薇をアップします。

7c.jpg
お家はちょと日本ではありえない?南フランスの香りがする壁の色かな?


z9t.jpg
そう玄関扉も天使がお出迎え


あとは花々の饗宴です。
z12t.jpg

6c.jpg

3t.jpg

z5c.jpg

DSC_1038cc.jpg

DSC_1035cc.jpg

DSC_1039cc.jpg

z3t.jpg

z1t.jpg

z8t.jpg

z7t.jpg

z4t.jpg

DSC_1036cc.jpg

DSC_1032cc.jpg

a6ct.jpg

取り敢えずこの辺で。。。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

梅の白い波 [花・樹]

3月の第2週に入って急に暖かくなり、梅の見ごろがもうそろそろ終わりだよということで、この週始めに梅観に行ってきました。
今までに行った梅観は整備された「○○公園の梅」というのがほとんどで、ここの梅は山間部に270年前頃から約2000本の梅が栽培されているということで、どんなに壮観なんだろうと想いを寄せていました。確かに山の上とそれを見降ろす大きく広がっている谷間に、本当に2000本はあるだろうと思われるその咲き誇っている白い梅の花波を山上から眺めていると、桃源郷という言葉があるように、その白い花の波に引き寄せられる眼下に見える世界は、梅源郷もあっていいのではないかなっと思えました。

そんなところから桃源郷ってどんなところだろうね?という話になって、あの有名な物語からは「魂の奥底に存在していて目的を持って追求したのでは桃源郷への再訪は不可能で到達できない場所」(Wikipediaより)と言われているようだけれど、こうして眺めていて、多分その世界は生と死のはざま、すきまなのではないのかな?と。海と陸の境界線と同じざわめきがあり、揺れ動く線上でこちらに帰って来れたとして、そこは心地よいとか美しいとかそんな表現ができるのかな等と話あう、そんなことも想わせる光景が眼下に白い波・夢のごとく広がっていました。

k1.jpg

多くはこんなに美しく咲き誇っているけれど↓↓

k2.jpg

これは↓↓多分年月の自然による崩壊だと思われますが、この割れた欠損部分からまたこの梅の樹自身が表現の可能性を切り開いているのだと思われました。

kw.jpg

こちらは↓↓人間の手で切り取られたものですが、ここからの新しい命が吹き込まれ変容して行くことでしょう。

kg3c.jpg

で、この白い梅の波が押し寄せる山間部は大阪南部の『梅源郷』ということで(^_-)-☆

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

木蓮の涙 [花・樹]

この辺り大阪南部はまだ雪の日はありませんが、ここのところ寒い日が続いています。
お昼から駅への游歩道に1本だけある白い木蓮に蕾がいっぱいついていました。
3月の春の夕闇にぽっぽっと咲く木蓮の花ですが、白い涙を誘う木蓮の花ですが、その花に今はまだなんの涙もありません。

cc.jpg

また春が巡ってきて、今年はどんな涙を咲かせるのでしょう?

木蓮の涙を見てみる・・・


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

季節のめぐり [花・樹]

春が来て4月下旬にもなれば、花々が咲き始め散っていく、季節のめぐりが
このベランダにもやってくる。

お日様はとっても良く当たるのだけれど、西側からの風が南の方へ回ってきて
すっごい強風が吹き抜けるこのベランダで、世話が行き届かないにもかかわらず
ここ2~3年土もかえず、肥料もそこそこで、こうして花が咲いてくれると本当に
「ごめんなさい、いい加減なことで・・・』と木々花々に謝らずにはいられなくなる。

higo.jpg

今年の椿『肥後紅』 例年は朱が退色したような感じなのが、ことしはピンクがかった
とっても可憐な色のがいくつもいくつも咲いた。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

啓翁桜 [花・樹]

12月末に戴いた『啓翁桜』が満開でそろそろ葉桜になりつつある。
お正月に桜を楽しめるなんて春を先取りした感じで素敵~[るんるん]
去年こんな時期に咲く桜があるんですよ~と2月末に贈ってくださった。
やっぱりお正月がいいかな[ぴかぴか(新しい)]

sakura1.jpg


蓮華 作品展 [花・樹]

 長い間放置していました。 新たな気持ちで更新できたらと思っています。                   

この夏のことです。
4年前にすっごく感動して衝撃的な出会いがあった
近くの蓮池へ今年も早朝4時に起きて行きました。
前の日に局地的な豪雨があったとかで、池から水が溢れ、
蓮の華は美しく咲いていましたが、すぐ近くまで行けなかったのと、
蓮の実がなぜか池からほり上げられ腐っていて、
池の中にはほとんど見当たらなかったのが、残念だったのです。

今回はなんだかなぁ~と思っていたところ、
奈良の友達が『藤原京へも蓮に会いにおいで~』と誘ってくれたので、
前の晩からお泊まりで、行くことにしました。
もちろん4時過ぎには真っ暗な蓮池に。。。

東の空が朝焼けに染まり始めると、
そこは一面、沢山の蓮達の世界が広がって見え始めるのです。

s31.jpg

今はこの蓮華を絵に描くことができて、少し醒めていますが、
藤原京から帰ってしばらくは、あれは夢だったのか?
古代に立ちかえって藤原京で美しい姫君達に出会ってきたような
不思議な錯覚に襲われる日々が続く、美し過ぎる世界でした。

朝露に濡れた姫君です。

s11.jpg

こんな清らかな姫君も・・・                                             

s21.jpg     

この美しい姫君達、朽ちて逝く時に、また、違った
奇妙な魅力を感じさせてくれるのです。

描いた絵は来週から始まる作品展に出品します。
同じ時期に同じ空気で、絵の勉強に励んだ
仲間達とのグループ展です。

三浦アートギャラリー
2011年11月21日(月)~27日(日)
AM11:00~PM6:00 最終日PM5:00
大阪市北区西天満4-7-17 サンレガシー1階
最寄駅 地下鉄御堂筋線 淀屋橋①番出口より北へ徒歩8分


作品はまたの機会にアップします。
 


 [花・樹]

なっなんと・・・1ヶ月以上の放置(-へ-;) 日々思う事、感動する事、なんやかんやあるにしても、
なかなかこまめに書き続けられない昨今。。。

昨年の秋、琵琶湖の水生植物園の蓮が赤褐色に枯れて茎が群生しているのに遭遇し、
それもなかなかの風景だったのが、花の時期はどんなだろう???と思っていたのが
つぐみさんのblogで紹介されていた。
こちら、規模は比べ物にならないけれど、ここから車で15分ほどのところにある蓮池のを
愛でに行くことになり、8月1日どうせなら、夜明けと共に咲き始めるという瞬間を見ようと
早朝4時半にまだ薄暗い現地へ・・・・

東の空が白白と明けはじめ、蓮達の様子が見え始めた。
と・なんと!なんと!なんと!そこには抽象画の世界が広がって見え始めるではないか!!

明るくなり始めると、徐々に全貌が見えはじめ、ますます面白い世界が眼前に広がり始めた。

もしかしたら、ここのこの世界で一生絵を描き続けられるかもしれないと思えるぐらい、
不思議で多様な顔を見せてくれている。
花達も美しいけれど

ここで出会えた一番お気に入りの子、
この子に会えただけでもう十分、4時半に来たかいはあった\(^▽^)/。

それから、自然の摂理を目の当たりに☆彡☆彡
今日蕾から咲き始めようとしている、一番美しい花弁に蜂達がやってきて、

ぶんぶんぶんぶん舞う、ちょとでも痛んでいるのは数も少なく、
今更ながら、若く美しいひとに人々が群がるのも、
さもありなんと再確認した夜明けからのドラマチックな蓮池での出来事。。。


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート