So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ

お茶ーお茶室 [その他]

先日お雛様の鑑賞後、お茶室でお薄をいただきました。とても久しぶりでした。

私のお茶事情:
むかぁ~しむかしそのむかし、茶道のお稽古をしたことがありました、、が、う~んあまり役立たずで終わってしまったのかもしれません。着物が好きで特にその色・柄行に興味があったのと、その着物を着て一番にお稽古に行くと、まだ誰もいなくて静まり返ったお茶室に身を置く、その雰囲気が清々しく好きだったのでしばらく通っていました。と言ってもお淑やかなモノではなく、荒くれモノでした。為念(^▽^;
それと10年以上前に初釜に呼ばれお食事ぬきのものでしたが、炭手前から始まってお濃茶もいただき、亭主の方を入れて6人でした。振袖姿の方もおられて艶やかで晴々したなかに、落ち着いた雰囲気もあってけっこう楽しむ事が出来たのです。
最後に籤が用意されていて、その年の干支【羊】と歌会のお題だった【街】あと松・竹・梅の5つの籤にそれぞれお茶碗が用意されていて、なんと一番の籤【羊】をひいてしまったのです。\(⌒∇⌒)/

hituji.jpg←このお茶碗です。羊が1匹・2匹・・5匹群れているお茶碗、その時は今年はよ~く眠れるかもなぁと思ったりしました☆☆☆☆☆ ((;´∀`)
その頃家でお茶を点てることもなかったので、ちょとした丼茶碗にいいかもな~と不謹慎に思っていたら、結構なお品とかで、『ちゃんと箱に入れて、置いておいてくださいネ!』と、見透かされたように亭主の方に言われました(≧▽≦))。。


そしていよいよこの日です。
お茶室は2つあるのです。
画像44cc.jpg

こちら釣り釜のお部屋でいただきました。
画像55cc.jpg

画像53cc.jpg

画像63c.jpg

きりりとした綺麗なお手前です。
tc.jpg


ここでも朱色のお茶碗 ”備前” を所望しました。お茶の緑と共にとても美しかったです。
画像64c.jpg

こちら樂家の祖 長次郎の流れを汲む楽焼です。「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」とかいって京都国立近代美術館で先月開催されてました。いやぁ~遠い宇宙を感じる余裕もなく美味しくお変わりを頂きました。
画像66c.jpg

お雛様のお茶碗もありました。
画像68cc.jpg



アンティークなユニークな人形達も連れて帰ってきました。。写真ですが。。。
画像27cc.jpg

画像31cc.jpg

画像26cc.jpg

段飾りの中のアップです。
03cc.jpg

02cc.jpg

画像13cc.jpg

画像35cc.jpg

画像6cc.jpg

100年の時の流れの中でこの人形達に相見える奇跡を想わずにはおられません、今なおある全の成り立ちに、そして大好きな着物の色・模様・生地の美しさに、感嘆と感謝の気持ちでいっぱいです。
楽しい時間を過ごせました。Jさん本当に有難うございました。

08c.jpg


ドイツ・クリスマスマーケット [その他]

『雨は夕方過ぎに~雪へと変わるだろう~Silent night [クリスマス]~Holy night [クリスマス]~ きっと君は来ないひとりきりのクリスマス・イブ~Silent night[クリスマス]~Holy night[クリスマス]~ 

雪へと変わるだろう[雪]そう願ってドイツ・クリスマスマーケットに夕方から行ってきました。
許されないテロのあったドイツではなく、新梅田シティ・ワンダースクエアです。
ドイツ・ハノーハー在住のブログ友が近隣の素敵なクリスマス市の様子をアップしているのを見て、そうそう4、5年前に梅田スカイビルで友人の催し物があった時に出会ったこのドイツクリスマス市、やっぱり何かしら楽しくずーと笑顔で過ごしたのを思い出し梅田方面に用事もあったので行ってみました。
でもこの日、晴れ女の私が、、なんと雨だったのです。私の立ち位置もついに変化がやってきたのかな?いやいや来ない君のせいに違いない(´▽`:);:;:

birth.jpg

雨だったせいかヒュッテは少々縮小気味、でも約27メートルのクリスマスツリーは健在です。

6c.jpg


9c.jpg

ドイ ツから取り寄せたというなんと115年以上も前のアンティークなメリーゴーランドも人気なく、ゴーラウンドしないでメリー♬メリー♬

1c.jpg

10c.jpg

シャッターを押した後、右のサンタさんと眼が会いニッコリ笑ってくれて、もちろんドイツ名物ハーブたっぷりのソーセージ、ジンジャーブレッドをこのヒュッテで頂きました。☆彡
ビールはミュンヘンの”レーベンブロイ”を、やっぱりソーセージにピッタリです。

5s.jpg

まずお目当ての甘く・スパイ スが効いた温かな ”グリュー・ヴァイン” で乾杯しましたが、このホットワインに合うドライフルーツ等が入ったパン ”フリュヒテ・ブロート” は見つけられなかったです。。

”グリュー・ヴァイン”はこんな素敵なカップに入ってお持ち帰りできるんです。とにかく雨もどんどん降りしきり、写真も思うように撮れずボンヤリ”、、、カップだけ家に帰っての撮影です。

cupc.jpg

温かい雨のクリスマス市でしたが、帰りは嵐のような風も吹いていました。
でもでも、この日訪れた所用の件も、同行の友の言動に助けられ、またその前日にも友人から考え抜いた真摯な助言もあって思いがけず上手く行き、暖かい”グリュー・ヴァイン”も荷担、うきうき楽しい夜を過ごせたドイツクリスマス市の終日でした。



国境なき医師団(MSF) [その他]

前記事セバスチャン・サルガド氏の「Sahel」の写真集を友人と見ていて国境なき医師団(MSF)の話にもなり、(MSF)に関する定期メールが友人のもとへ転送されていて、ここで拡散させて頂きたいです。

『如何に戦争とはいえ、砲撃・銃撃等で傷つき治療を受けているヒト、子供、そのような人たちを病院もろとも更に空爆する、こんな非人道的な行為がまかり通っていいはずありません。
病院が爆撃されても、なお現地に留まり治療活動を続けているMSFの医師・看護師らスタッフに敬意を表します。
現在のシリアやアフガニスタンについては、思想的・信条的に色々なお考えをお持ちの方がいると思います。しかし、どのような思想・信条よりも、今、目の前で死の危機に直面している人の命を救うことが最重要だと思います。

これを読まれて私と同じ感想を持たれた方は、知り合いの方に転送して読んで貰って下さい。

そして、少しでもMSFの活動を支援しようと思われた方は、寄付をしてあげてください。寄付は1000円から可能です。クレジットカードでも寄付できるようになっています。1回限りでも、毎月1000円でも可能です。1000円あれば多くの子供の命を救うことができます。

index-main-03.jpg

 国境なき医師団(MSF)      http://www.msf.or.jp/

MSFは政治的には完全に無色です。ノーベル平和賞受賞団体です。国際赤十字等と比較して、固定経費率が低くコストパフォーマンスのよい組織だと思います(これは、私の独断)。毎年の会計報告・監査もしっかりできていると思います。所得税申告で控除を受けることができます。』

大規模修繕工事 [その他]

8月中旬から始まった我がマンション修繕工事の足場解体作業がやっと始まっている。
今日出掛けるところへ、クレーンが足場のフレームを持ち上げて地上に降ろしているのに遭遇。
何を隠そうこの私め工事現場・建設現場に居合わせるの大好き人間、いやぁ~ホントはこんな現場で作業に携わる人に成りたかった、、、夏は暑いし、冬は寒いよって((+_+))、、、そりゃそうだ。。この歳でひとりで眺めるのはなんだか憚られるので、いつもは幼い男の子を誘って眺めに行くことにしている。勿論その子の保護者には了承済みで連れ出しているので大丈夫(´▽`*)v。
今日のは我がマンション内、慌ててD3300を持ち出して 『作業場所は大変危険ですので、絶対近づかないでください』 とあるけれど、そこは自分の所有地でもあるからか、遠慮なく危険地域に入って撮影開始。う~ん確かに足場のフレームが頭上を通り過ぎる様はなんとも危険で危機感満載、なかなかのダイナミックな光景だった。 ただ、ここの画像これ以上大きくするとはみ出してしまうので、臨場感に欠けるけれど、まぁしようがないかな。

DSC_0525cc.jpg
たった2人の作業員でやっている(゚д゚)!! 補助の人いらないの?赤いニッカポッカの人が下準備?

DSC_0529cc.jpg
クレーンがやって来た。

DSC_0531c.jpg
ここは13階、正にクレーンの綱を手に取ろうと両手を広げている、、、大丈夫?

DSC_0537c.jpg
もう12階に居る、、、二手に綱が付けられて

DSC_0542c.jpg
この人命綱付けてるよね?付けてる?付けてないみたいだけど、真逆付けてるよね、、、

DSC_0545c.jpg

DSC_0579c.jpg

DSC_0549c.jpg

DSC_0582c.jpg
地上では5~6人の作業員が待ち受けていてここは安心。

DSC_0568c.jpg
このクレーンを動かす運転手の人も凄いんだわきっと。

と眺めては感嘆仕切りで出掛けるのが遅くなった今日1日だった(;´▽`*)。
良いのが撮れましたか?と見て見ぬ振りをしていた現場監督かな?に聞かれたけど・・・やっぱり難しい( *´艸`)

思いもよらないことが・・・ [その他]

阪神高速を走っていると、左側斜め上から20cmぐらいの、鉄かステンレスの棒のようなものが、
私のおでこをめがけて飛んできた。ぱっ~と避けたら、フロントガラスに斜めに当たって、
飛んで行った。一瞬だった。フロントガラスは損傷もなく、もちろんおでこに当たる事もなく
事無きをえたが、怖い怖い~(ー~ー;)。。

阪和道と阪神高速道路で相次いだエアガン事件が思い出されたが、
多分、落下物があって斜め前の車が踏んだものが、飛んできたんだと思う。
以前友達が、やっぱり高速道路で石が飛んできて、フロントガラスが割れてすごく怖かった
と言っていたが、その恐怖がどんなものかよくわかった。
除掃車が走っていると、『邪魔~』とか思ったりした事もあったけれど
こんなちょとした物にでも凄い衝撃があるんだから、どんどん除掃車には
走ってもらわねばないし、どんな小さな物でも絶対落としてはならない。

ほんとうに、何が起こるかわからない昨今、パキスタンの地震で被害にあった、
日本人の方も、あと数日で帰国の予定だったというではないか!!

魔はほんの隙間を狙ってやって来るんだ。
どうしようもないこともあるけれど、身辺改めて過ごさなければと思ってしまった。


夕焼け [その他]

9月末の毎日新聞に『夕焼けが生む人の感情とは、こうも多種多様だったのか』
というコラムがあった。

私は朝焼けよりも夕焼けが好き。
この部屋を選ぶ時も、東ではなく、いろんな夕焼けが眺められる西を選んだ。
夕焼けへの想いは、朝焼けが清々しくて、神々しくて、そして、明け行く始まりの
ダイナッミクさを感じるのに比べ、夕焼けは『夕焼け小焼け』っていうけれど、
この小焼け、これもいろんな説があるらしいけれど、
朝焼けにはない、どこか、消え行く儚さを唄っているのではないかしらん、と思う。

正々堂々とした美しさよりも落日の美しさが好き。
そして、明日への予感。

この夕焼けは今年7月、この部屋から眺められたもの。


煙草と携帯電話 [その他]

最近大阪市内へ車で頻繁に行く機会があって思うこと:
窓を開けて煙草を吸うのは良いとして、灰をぽいぽい落とす、そして挙句に吸殻をぽぉ~ぃ。
許さん(`ヘ′)。後続の車のこと考えてみて。
それも、タクシーの運ちゃんまで、そんなのがけっこういるではないか!
プロのくせして、なんちゅう運転態度なんやろ。
煙草を吸いながらの運転って、携帯電話をしながらより、もっと危ないのではないんだろうか?
もし、事故にでもなって、ぽぉーいと煙草がシートにでも飛んだら???

携帯を耳に当てて運転するのと、煙草を片手に持って吸いながらの運転するのとどう違うんだろう?
携帯電話が罰せられて、喫煙が罰せられないのは、どうも納得がいかない。。


素敵な爺様か? [その他]

先日、ときはま線を車で走っていたら、〃馬で走れたらなぁ・・・パカパカ〃
隣りの車線の斜め前を青いスポーツカーに枯葉マーク?orもみじマーク?を
ロゴの左右に2枚付けて走っている車があった↓。

なんだかとっても颯爽としているし、枯葉マークの付け方も縦方向に1枚付けてるのが多い中、斬新な感じがしたし、どんな爺様か見てみたかったけれど、追いぬくことはできず、
けっこう道路は混んでいたので、わき道へそれて1号線へぬけた。
するとナ・ナ・ナント真横にこの車が走ってくるではないか!!
きゃーっラッキーゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪どんな爺様かな~♪
ワクワク・・・横を見ると・・・・・・
グッググワァン~髪の毛はぴったりと撫でつけ、白いカッターシャツを着て、眼鏡をかけていた。
予想していたラフな感じの爺様じゃなかったので、ザンネン!★!

しかし、私の運転ではあんまり大きな声では言えないけれど、トロトロ運転の爺様が多い中
枯葉マークも、生き生きして、どんなおん方かと期待させられた。

ちなみにこのマーク何才からつけるんだろう?そして正式名はなんていうんだろう?
っと疑問になったので、調べて見たら、

高齢運転者標識(高齢者マーク)
大型自動車免許(第一種)又は普通自動車免許(第一種)を受けた人
で年齢が70歳以上の人
(道路交通法の一部改正により、対象年齢が引き下げられました。)

とあった。
枯葉マークは俗称なんだ、枯葉なんて失礼だよね、、ごめんなさいm(__)m。


シャトル延期 [その他]

日本人宇宙飛行士野口聡一さんが乗り込む予定のシャトルの打ち上げが、
26日以降になるそうだ。
飛行士達がすでに乗り込んで待機してる状態で、燃料センサーに異常がみつかったとか・・・。
打ち上げ2時間半前にそんなことが判明するなんて!
何回も何回もチェックして、最終段階、その上で異常が見つかるのかもしれないけれど、
素人には考えられないよ。

晩ご飯の用意ができて、『みんな、はやくいらっしゃい~美味しいお肉焼くわよ~♪』
『ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪おおお~焼肉か~♪おおビールビール~♪』
焼肉プレートにコンセントを入れると、さっきまでは異常がなかったセンサーが反応せず、
プレートが焼けてこない??そんなようなものなのかと;:;:;


大理石 [その他]

うちの玄関ホールに大理石が使われていてそれが、
傷はつきやすいし、壊れやすいし、お水を落としただけで
しみが出てくる実使用には向きにくい代物なのかもしれない。
これはうちと同じタイプのモデルルーム、ちょと仕様が違う玄関ホール画像↓。

なかなか繊細で美しいっ~☆
モデルルームってどうしてこう心ときめくんだろう~☆

モデルルームじゃないこちとら玄関ホール、生活があるためか、ひび割れ、染みも出てきたので、
○○SEKOさんへ相談したら、さっそく石屋さんがやってきて、取り換えるという。
ひび割れたのを4枚外す作業は養生してあるとはいえ、
家中にセメントの粉が舞い上がり轟音轟く作業であった。
いや~ぁ、、後の掃除が大変、2度としてほしくない作業。
その後染み抜きの液体をつけて補修してくれたが、染みは消えない。

そんな話しを友人にしたら、大理石のテーブルが汚れてきたので、
どうにかならないか、聞いておいてというので、

石屋さんに問うて見ると、
『そのテーブルは綺麗にしたいなら研磨するしかないけれど、この大理石は【ビアンコカラーラ】
という大理石の端くれで、同じものがピサの斜塔にも使われているけれど、
今まで染み抜きはもちろん、研磨などしていない。
○○SEKOさんは見た目が美しいので、使いたがるけれど、玄関に適してるかどうか~;:;
大理石は生きているので、色も年月と共に変わってくるし、自然にしみも浮き上がってくるもので、
その風合いを楽しんで欲しい。
こう言った染み抜きの液体も開発されて出てきたけれど、その浮き上がってくる、しみ、
をも本当は楽しんで欲しい。』 
とまだ20代後半と思われる可愛らしい男の子がいうではないか♪
染み抜きに2・3度来た時、たまたま流していた曲がレゲエだったのを
【めずらしいのを聞かれるんですね、ボブ・マーレ~♪僕もよく聞くんです(*^_^*)】
【う~ん・・・じゃ~コーヒーでも飲みながらいかが~♪】とお誘いしかかったけれど、
お仕事お仕事お励み頂いて、お玄関でお茶などお飲み頂いたΨ(`▽′)Ψ。

たまたま6月30日の毎日新聞に掲載されていた記事:
嘗て大英博物館がギリシャのパルテノン神殿から剥ぎ取って持ちかえった
大理石の彫像を、その表面を削り取って剥がしてしまった★
それは文化財破壊だと問題になったそうだ。

う~ん、、、末代まで耐えれるかどうか~(^_^メ)


その他 ブログトップ