So-net無料ブログ作成
ファッション ブログトップ

電飾 [ファッション]

神戸のルミナリエも、今日から開催され、震災の次の年から始まって今年で11回を迎えるそうだ。
すっごい、イルミネーションを個人の館で飾られる方も多くあって、この時期うちのご近所でも
家の中まで飾ってるを見せてくれるお家もある。。。
ところが、ここ最寄駅を降りてすぐの高層マンション、最上階のベランダに隣り合った2軒のお宅の
電飾が凄い豪華でちょとした名所にもなりそうだったのが、1軒のより豪華なお宅のが今年は見られないではないか~★。
ここへ住みはじめて2年、2回見ていると、3回目の今年もどこかで期待してたのか、
『うん?どうされたんだろう?引越しされたのかな?それとも、電気代も馬鹿にならないということで、もう無駄と思われたのだろうか・・』とか、余計な心配をしてしまっている(ーー;);;:;:それに明るく輝いていたのがないと、やっぱりちょと寂しいではないか★

このブログも来て頂いている方があって、どうしたのかな?と思ってくださっている方もあるかもしれないかな?と、思ってしまった今日この頃(・o・;)


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

着るもの [ファッション]

京都三条の文化博物館へ千總のコレクション展『小袖と屏風』を見に行った。

~京の優雅~と題してあったが、さすが煌びなお着物達、
江戸時代後期のもので、アールヌーボーの影響を受けているものもあるそうだが、
マチス顔負けの斬新なデザインのものが数点あった。
マチスはこんな着物を見て影響されたのではないか?と思ったりした。

ある階層以上の人達のものだったにせよ、洗い張りした様子や、裾や袖口の汚れを見ていると、
ほんとうにこんな手の込んだ個性的な豪華なものを日常に着ていたんだと、
そして、その人達がぞろぞろ?しゃなりしゃなり?歩いたり、立ち止まって話し合たりしている様子
などが想像でき思い描かれた。
それに比べて、今我々、庶民であるとはいっても、いろんな素材・デザインetc.高価なものが
種々あるにしても、なんとも簡単なものを着すぎているのではないか、と。
例えば、ここまで手の込んだ日本刺繍のものを、日常に執着して着ている人はいるのだろうか?

すっごい雷雨にあって、コーヒーとケーキーで雨宿りしてる間に、夕方になってしまった;:;。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ファッション
ファッション ブログトップ