So-net無料ブログ作成
グルメ・クッキング ブログトップ

Healing space&Café [グルメ・クッキング]

友人のAthukoさんご夫婦が和泉市肥子町のイオン府中店(1F外店)にHealing space&Café【Atmosphere】をオープンさせました。

IMG_0123c.jpg

そうですCaféと言ってもただのCaféではなく、樹木が発散する ”フィトンチッド” 森林浴効果のある スペースなんです。広いカフェスペースに田園風景のジオラマには川の流れもあり、

IMG_0129c.jpg

大きなスクリーンには深い紺碧の海、高い青空から流れる雲、満天の星々、空一杯の花火などが次々に現れ、それだけでも十分楽しめ癒される空間が広がっています。

IMG_0126.JPG

私はお昼すぎに行って「湯葉丼」と香り高いcoffeeを頂きました。4種類ほどのごはんメニューも注文できます。お腹すいていて慌てて頂き写真撮り忘れたのです(*≧∀≦*)、、(ゴメンAthukoさん)

【街中の癒しスペースとしてお客様がホッと一息つけるようなcafeを目指しています。】

こんな素敵なcaféです。お近くの皆さんぜひお立ち寄りください。独特の癒し空間が広がっています。
open 8:30~19:30 水曜日定休です。TEL 0725-44-8200

IMG_0108c.jpg



nice!(3)  コメント(2) 

お菓子のような料理 [グルメ・クッキング]

パティシエが作る料理とワインのマリアージュ。
そうなんです料理人が肩書は『パティシエ』の方なのですが、お菓子のような料理を振る舞いたいということで、ちょといつもと違ったフランス料理を頂いてきました。

アミューズ「林檎の薔薇」
DSC_0019b.jpg

おしゃれなグラスを開けると林檎で作った可憐な薔薇が一輪。
DSC_0020b.jpg
この日はこのレストランの女主人のお誕生日だったので、我々にも一輪お楽しみを頂きました(^▽^)。

前菜(レギューム)「野菜のタルト」
DSC_0023b.jpg

前菜(魚介)「魚介のシュークリーム」
DSC_0025bb.jpg
前菜が二皿に盛りつけられて、まるでまるでお菓子のよう。

で、飲み放題のワインも料理に合わせてどんどん注がれて、この頃になるとそろそろ良い気分。
で、ついうっかり?
で、写真撮影のことなど””あっ~!””ということに(゚д゚)!

パスタ/パン「イカ墨のパスタ」「自家製パン」
DSC_0028b.jpg
で、だんだん乱れてこれは雑多な感じの途中撮影です。なんてこった(;´∀`)。。

肉(煮込み)「豚肉と白菜のミルフィーュ クリームソース」
DSC_0027b.jpg
ちょと気をつけていたので、なんとか撮影(*^▽^)v

アヴァン・デセール「○○ワインさんの葡萄ジュースのジュレ」
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
ハハハハッハ このあたりにくると全くの状態~(;´∀`)~良い気分ダヨン~でどこかへ~~舞ってしまいました。。

グラン・デセール「マング・オ・ロティ・エ・アナナス」
DSC_0029b.jpg
ハハハッハ ピントずれていますよね(;´∀`)

以上がこの日のメニューでした。
いやァ~ワイン飲み放題でしたので、はじめスパークリングワイン、フルーティーな辛口ワイン、上品な赤ワイン、デザートワイン等々沢山いただきましたが、ここのワインは長くて数年しか熟成することなく、すぐに出荷されるとのことで、どちらかというと重さがなく、酸味もなく、あっさり気味で頼りなかったというところでした。
でも、料理の嗜好はなかなか面白く美味しく楽しめましたし、同行の友人達ともこの料理やちょと頼りないワインに言いたい放題の面白い会話で、ここのワイナリーが謳ってる『時を和ませ、心を和ませる力』を頂くことができました。それにこのワタクシメ、いつも粗食に明け暮れていますので、久しぶりの御馳走に、気力・体力は十分に、そして知力までも頂けたらなぁっと?!(;´∀`)



お好みカレー [グルメ・クッキング]

土曜日の朝はゆっくり寝ることにしている、予定がなければだいたい9時~10時頃に起きる。
というのに今朝はちょと早くに起きて窓を開けてみた。風が爽やか、、どこかもう秋の風?

早くに起きたのは秋の虫の知らせだったのか!?
10時半過ぎ相棒に来訪者、お昼前になってしまった。

何かお食事をと思ったけれど、突然だったし、お出汁をとったり切ったり焼いたりも
気が進まなかったので(ーー;)m(__)m
頂き物の、あの『飛騨ハム工房』っていうところの、『飛騨高山の手づくりカレー』
を出してみるか。。。5缶入っていてお鍋で温めるだけ・・・先日食してみていた。
確かにお肉は飛騨牛らしいのが、たくさん入っていて、
ルーはちょと甘い感じだけど後味にカレーの辛さが効いてくるっといったようなお味。

私には、その最初の甘ったるい感じがあまり好きじゃないと思っていたけれど、
若い男の子だし、それに頂いた方からは、
『お昼の何もない時にね、なかなか良いお味なのよ~♪』っと言われていたし、
簡単なサラダ、母の手づくりラッキョと共に『お口に合うかどうかだけど・・・』と、お出ししたら、
『いや~ぁ、僕の好みですよ、おいしい、おいしい~』っとまんざらお世辞でもなさそうで、
1缶平らげてくれた。
カレーのお好み味なんて、ほんと千差万別に違いない。


レトロなミル [グルメ・クッキング]

年季の入った、実用には役立たずの珈琲ミルがある。
絵のモチーフとして、時々は役立っているが・・・。

向かって右のは今の相棒といっしょになった時、伯父さんからのプレゼント。
木製で刃も欠けて色もほとんど剥げ落ちたので、
そのままでもいいんじゃないかという意見もあったけれど最近塗りなおした。
ちょと青カビのようなものが見えるが、これは画像にブルーを掛けたせいで
実際は色が剥げ落ちているだけなので、為念(~_~;)。
真中のは鋳物で、赤い電動ミルが来るまで、これでガリゴリやっていた。
これは以前住んでいた家のお向かいのダンナさんがお勤めだったビル内の
コーヒー屋さんで見つけてプレゼントしてくださったもの。
とっても重たいが、挽き易かった。
左のは直火用のエスプレッソポット。
これも頂きもの。友達が2つあるから、一つ上げるって。
カリタの電動ミルも高校時代の友達のプレゼント☆

こうして検証していくと、うちの珈琲関連グッズは頂き物で成り立っているナ!!
う~ん、、プッ~シュ~のエスプレッソマシーンも誰かくれないかなΨ(`▽′)Ψ


珈琲豆 [グルメ・クッキング]

コ-ヒー豆はそのお店で焙煎して、味もそこそこ美味しいし、1ヶ月のある時期に
40%~60%offセールをするので、いつもそれを狙って注文している。
このところブルーマウンテンがセールされないので、どうしてかな?と思っていたら、
蘭館珈琲ハウスのサイトにジャマイカ島に2004年秋モンスーンが襲来して 、
ブルーマウンテン地区も例外なく被害が多く出て多分2005年度産は絶望的かも知れない、
2~3年間は入荷が少なく、全然ない!という事にはならないけれど、
相当高額な値が付くし、加えて品質も良くない!と考えられる。
という趣旨のコメントがあった。(>_<;)。やっぱり!★!そうだったんだ。。。




一時期、蘭館の豆をこのRANKAN COFFEE HOUSE の瓶(ちょと見えにくいかも)
に入れて持ってきてくれる友達がいた。はじめてブルマン№1を入れて
持ってきてくれた時は感激だった。瓶の豆がなくなる頃には珈琲豆持参で遊びに来てくれた。
ある時このガラスの瓶にいろいろな豆を収集したい。。と言うとOKとなり、
多分売り物ではないこの瓶にブルマンMIXを入れて、また調達してきてくれた。
そして次ぎは?と楽しみにしていたのに、たった2瓶持ってきただけで、
彼女は若くして早々とこの世を去ってしまった。
もう、何十年も前の事である。


グルメ・クッキング ブログトップ