So-net無料ブログ作成
検索選択

数学する身体ー森田真生ー [本・雑誌]

森田真生さんの『数学する身体』という本を読み始めています。未だ完全に読み切れていませんが、私が長年疑問に思っていたことが、この本の数ページ読んだところで、納得できたことがあったのです。

このグラフです。
chokkaku_sokyokusen1.png


このグラフは
『反比例の関係を表すxy=k(k≠0)のような関係をx軸y軸平面に描くと、図のような直角双曲線となる。kの値によって違う線となるが、いずれもx=0(y軸)とy=0(x軸)に限りなく近付く形となる。この限りなく近付かれる線を漸近線と呼び、二本の漸近線が直交している双曲線を特に直角双曲線。』
というとあります。

そううなんです。x=0(y軸)とy=0(x軸)に限りなく近付く形となる
この青字のところが、私の想像を宇宙へと追いやっていたのです(;´∀`)。

高校1年生の数学の時間です、この直角双曲線のグラフが出てきて、その数学の先生は『直角双曲線はX軸y軸には永遠に交わらない、永遠に!。』と強く言い放ちました。で私は「そうかぁ~、、、永遠に交わらないんや、、、えいえんになぁ・・・」と。。それはとても不思議で実際にx軸y軸を眺めているとx軸y軸にすれすれになって来るし(;´∀`)、いつかはいつかわ交わるんとちがうん?・・でも・・そうや・・宇宙は無限やから無限の彼方へ行ってしまうんや。。。とぼんやりした生徒はぼんやりぃと~(*´Д`)~ その後の授業は何も聞こえず宇宙の彼方へ想いを馳せていました。ところが昨今宇宙は有限であるらしいということも言われていて、またそこで私は「ぁあーーじゃー交わるんじゃないん!?」と、このところ益々ぼんやりと幼く退化していく頭で思い始めていました。

でも今は上の説明文に(k≠0)とされているし、宇宙の範囲を定義すると、その外側が必ず出来てしまい、今の我々には宇宙空間を有限と特定できないのではないか?と思えるようになってきました。その境界線を乗り越える時に、宇宙人たる我々は大きな大きな進化があるのだろうと!。果たしてそれがこの今の人間かどうかは判らないし、この地球上の陸と海の境界線でさえ太古のikimono達が肺呼吸と鰓呼吸の間で数百万年 ”ためらい”を刻んで上陸したのですから。。。それよりも以前に魚類は淡水から海水に生活の場を移すのに2億年もの時の流れがあったと言われています。。

まぁ取り敢えず『直角双曲線はX軸y軸には永遠に交わらない、永遠に。』これは真理だと思っていたのですが、いやいやそれは単に数学上の道具としてのものだったのだと判ったのです。今頃!!でもそこになんだかロマンがあったような☆彡☆彡

で、この『数学する身体』のごくはじめに、数学は道具であり、人間が数千年数万年かけて、進化と共に道具として考えだしたものだということ、インド数学・アラビア数学・ギリシャ数学等の歴史を経て今我々が簡単に2桁3桁の掛け算等ができるようになったということ。
自然数・素数等、数の不思議のことも、牽いてはコンピューター人工知能のことにも及んで、そこに心を求めることはできるのかという新たな哲学に通じる問題がありました。

で、、基本数学は道具であること、そこからの追及が、イギリスの数学者コンピューターの基礎を、そしてドイツナチの暗号 ”エグニマ” を読み解いて多くの命を救ったアラン・チューリングと孤高の数学者、芭蕉や画家坂本繁二郎に影響を受け "ハルトークスの逆問題" という大問題を解決した 岡潔、二人の数学者が追い求めた究極のモノ、その違いに森田さんは達したのだと思います。

アラン・チューリングは数学の真実を玉ねぎの皮をその芯に向かって一枚一枚剥ぎ取りながら、そこに、真実が心が追い求めるものがあると、一方岡潔は数学を玉ねぎの皮ではなく種へと、それを育てることで、自分の身体を離れたところにある真実を心を求めて行ったのです。心は自分の頭にあるのではなく身体を離れたところにあると。

今、自分がやっていることの中に解からないのに強く引きつけられる何かがある時、あれば、それは何だろうと一枚一枚皮を剥ぎ取るのではなく、そこに種があり、それを育てていくことこそがモノを作っていくということじゃないのかなと、この本からの岡潔の考えにそうだと思えました。数学をする、モノを創る、絵を描くということも【自分で理解できることではない】その種を、育てていくことにあるのだとこの『数学する身体』を読んで、他の動物にはない人間として ”わからないもの” を想像することの大切さを、その想いをより強くしました。。。

まだ他にこの本の中から感じたことがあるのですが、まだ充分読み切れてなくて文中曖昧な部分もありますし追加しながらまた修正していきます(;´∀`)。


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

作品:母の顏 [絵画]

前記事『魍魎』(SUDAMA)の世界を彷徨った後、やはりどこかに精霊を感じさせるこんな作品に出会いました。

rinp.jpg
「母の顏」water-soluble 向井倫太朗


rincc.jpg

この倫太朗氏の絵、確かに母上に似ているのですが、このワンチャンにも似ているともっぱらの評なのです(´▽`*)。色んな色を混ぜて茶色にするのにハマっていた時期の作品とのことですが、それもナカナカのことですが、いやぁ~しかしそれにもまして驚かされるのはこのチューブのような輪郭の筆跡とタッチの凄さ!彼は御年3歳10か月!!驚きです。一体全体この筆使いの妙はどこからくるのか?

いやはや、、、実は父上が、かのジャズトロンボーン奏者「向井滋春」氏なのであります。このような力強さ、滑らかさ[ムード]絶妙な色のハーモニーやはりDNAなのでしょうか♪^▽^♪。

今私が追い求めている河の 甌穴(pot hole)作品にも通じるikimonoも感じられ、こんな風に表現できればと思ったりもしてしまいました。(;´∀`)

いずれにしても、魅力ある作品です。

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『北村きちろう展』 [絵画]

『北村きちろう展』行ってきました。4月22日迄 ギャラリー白 大作3点と水彩画4点の出品です。

画像6c.jpg
魑魅1 oil『SUDAMA』 3243x1620mm

画像3c.jpg
魑魅2 acrylic『SUDAMA』2923x1940mm

画像1c.jpg
魑魅3 acrylic『SUDAMA』1940x1620mm 

画像8c.jpg
watercolour

4年前に出会った岸和田の林に、そこに居るかもしれない魑魅『SUDAMA』を追い求め毎週通い続け描かれた作品です。魅惑的な世界が広がっていました。秀逸な作品が出来上がっていました。

私にはこれ等の作品に魑魅『SUDAMA』はまだ完全に見えていないと感じられましたが、静かにどこかに潜んでいるそんな予感がありました。想像を喚起させられ不思議を想う素晴らしい作品です。
魑魅『SUDAMA』辞典によれば魑魅は山川の精霊と言われていますが、私はこちらの世界とあちらの世界の“はざま”にいるikimonoではないかと思っています。

CONCEPT   
The concept of 魑魅『SUDAMA』 suddenly arose inside me when I visited a village vicinity mountain(satoyama) in Kishiwada city. One drizzling afternoon I came across a banquet of colors in this satoyama . A giant wax tree was standing in the rain near a newly made trail, showing off its glossy red leaves among dead grass. I had visited the place every week since then to work over my ideas. It was like jumping into paint box. I felt joy.The color sense of Japanese art that many foreign impressionists admire has come from these natural features of this land. And people who grow up here acquire this sense without realizing it. As a native, I believe that I can express this Japanese sensitivity effectively by using Western techniques.
Kichirou Kitamura

nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

春の展覧会案内 [絵画]

桜の花もほころび新しい命の蠢きも感じられるこの季節、たくさんの展覧会案内が次々送られてくるその中で、親しい友人の展覧会案内を2つ。

「北村きちろう展」-魑魅ー haku.jpg

hakuc.jpg

☆-魑魅ー 
面白い世界が広がっているかもしれません。お立ち寄りください。




「田伏 勉 クレパス画展」
t1.jpg

ta1.jpg

ta3.jpg

☆田伏氏の個展会場は岡山後楽園のすぐ近くです。お近くの方お立ち寄りください。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

桜観テニス『nikoniko杯』 [スポーツ]

このところ少し暖かくなって、ここ大阪南部の桜もやっとほころび始めました。
この週は例年桜も満開で、我がウン十年の歴史を誇る(;´∀`) へなちょこ『nikonikoテニスクラブ』は、美しく桜咲く日々に伝統ある『nikoniko杯』争奪戦をを行いますヽ(*^▽^*) うへぇ~どんなんや~。。
今年の混合ダブルス優勝者は走力とサーブが巧みな男性Iさんと、正攻法の綺麗なテニスをする女性Mさんチームが優勝しました。その後近くの公園で乾杯の桜観をしましたが、やっぱりまだ4~5分咲きでした。

1c.jpg

2c.jpg

この時期いつも花粉に悩まされるのですが、今年は花粉が眼にきて、このところずーと涙が溢れてくるのです。今年は世を儚むような辛い出来事があったのかもしれないなぁ~?((◉;▽;◉))?
で、、つい先日運転中涙が溢れて眼が潤み、信号がはっきり見えないほどに、、、アブナカッタ!!
で、、今回の『nikoniko杯』もボールが見えにくかった?(;´∀`)、、、アブナカッタ!!

いやいや球技が好きで、特にテニスとか野球とか、小さめのボールを追うのが好きです。
あはっ、、前世は大好きな柴犬あたりだっだりして?(*'ω'*) 
ボールが見えにくかっても大丈夫?~v(´▽`*)~


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

驚異、朱色との出会いー『Simon Everington』作品展 [絵画]

ふと、何気に、通りがかりに【GALLARY Ami Kanoko 】へ立ち寄ってみると2階の【 kanoko 】で『Simon Everington『(サイモン・エバリントン) さんというUK出身の方が立体の作品を展示中でした。これは↓↓案内状に使われた画像ですが、作品も違った方法で展示されていました。

ac.jpg

【kanoko】の2階は和室で窓際の廊下にこんな朱色の作品が並べてありました。

4c.jpg

6c.jpg


このところ惹かれている朱色に、朱色の作品に偶然に本当に偶然に導かれてしまったのです。

この作品は↑↑セラミックでその上にアクリル絵の具のバーミリオンを何度も何度もかけて仕上げたそうです。
日本語はとても上手で日本へは陶器の勉強にやって来て、『このセラミックもやりたい放題で割れたり壊れたり、なんでもありなんです。』と宣うので、『自由闊達にってことですね?』と言うと、ニッコリ笑って『まぁ、そうですね。』
『和室で作品展示をすることに何か拘りがあるのですか?』と尋ねたら、特別なくてたまたま話しがあったのだということでした。

後、鴨居にぶら下げてあるバーミリオンの作品2点と以下の2作品は
mixed-media; ceramic, wood, paper clay, metal, acrylic paint,etc.

1c.jpg

これが案内状の作品です、光もですが撮る角度が違うとこんなに違うのですね。
3c.jpg

こちらは楽器のような感じもします。 ウルトラマリーンとブラックで塗られています。

2c.jpg


5c.jpg

これ等の作品は、特に廊下に並べられた作品は ”これはこうこうだ” と決めつけることがなく、いろんな想像を呼び起こさせてくれて楽しめました。Simonさんの穏やかでにこやかな作品についてのお話にも、お人柄にも惹かれてしまいましたが、昨年春頃から朱色のことが気がかりで、想いを強く馳せてしまう傾向にありましたが、こうして偶然に朱色に巡り合ってしまう不思議に、昨年末のチェスト先日の緋色の毛氈といい驚異を感じてしまいます。

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

お茶ーお茶室 [その他]

先日お雛様の鑑賞後、お茶室でお薄をいただきました。とても久しぶりでした。

私のお茶事情:
むかぁ~しむかしそのむかし、茶道のお稽古をしたことがありました、、が、う~んあまり役立たずで終わってしまったのかもしれません。着物が好きで特にその色・柄行に興味があったのと、その着物を着て一番にお稽古に行くと、まだ誰もいなくて静まり返ったお茶室に身を置く、その雰囲気が清々しく好きだったのでしばらく通っていました。と言ってもお淑やかなモノではなく、荒くれモノでした。為念(^▽^;
それと10年以上前に初釜に呼ばれお食事ぬきのものでしたが、炭手前から始まってお濃茶もいただき、亭主の方を入れて6人でした。振袖姿の方もおられて艶やかで晴々したなかに、落ち着いた雰囲気もあってけっこう楽しむ事が出来たのです。
最後に籤が用意されていて、その年の干支【羊】と歌会のお題だった【街】あと松・竹・梅の5つの籤にそれぞれお茶碗が用意されていて、なんと一番の籤【羊】をひいてしまったのです。\(⌒∇⌒)/

hituji.jpg←このお茶碗です。羊が1匹・2匹・・5匹群れているお茶碗、その時は今年はよ~く眠れるかもなぁと思ったりしました☆☆☆☆☆ ((;´∀`)
その頃家でお茶を点てることもなかったので、ちょとした丼茶碗にいいかもな~と不謹慎に思っていたら、結構なお品とかで、『ちゃんと箱に入れて、置いておいてくださいネ!』と、見透かされたように亭主の方に言われました(≧▽≦))。。


そしていよいよこの日です。
お茶室は2つあるのです。
画像44cc.jpg

こちら釣り釜のお部屋でいただきました。
画像55cc.jpg

画像53cc.jpg

画像63c.jpg

きりりとした綺麗なお手前です。
tc.jpg


ここでも朱色のお茶碗 ”備前” を所望しました。お茶の緑と共にとても美しかったです。
画像64c.jpg

こちら樂家の祖 長次郎の流れを汲む楽焼です。「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」とかいって京都国立近代美術館で先月開催されてました。いやぁ~遠い宇宙を感じる余裕もなく美味しくお変わりを頂きました。
画像66c.jpg

お雛様のお茶碗もありました。
画像68cc.jpg



アンティークなユニークな人形達も連れて帰ってきました。。写真ですが。。。
画像27cc.jpg

画像31cc.jpg

画像26cc.jpg

段飾りの中のアップです。
03cc.jpg

02cc.jpg

画像13cc.jpg

画像35cc.jpg

画像6cc.jpg

100年の時の流れの中でこの人形達に相見える奇跡を想わずにはおられません、今なおある全の成り立ちに、そして大好きな着物の色・模様・生地の美しさに、感嘆と感謝の気持ちでいっぱいです。
楽しい時間を過ごせました。Jさん本当に有難うございました。

08c.jpg


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

緋色の毛氈ーお雛様♪~ [絵画]

桃の節句も終わりましたが、緋色に魅せられている昨今、そんな折こんななんとも形容できない緋色、気になる緋色、緋色の毛氈の上に飾られているお雛様に出会いました。少しくすんだような朱色、少し紫がはいっているのかもしれません、とってもいい色です。それに、それぞれのお雛さまが楽器を奏でている様子、特に3人官女の動き、踊っている形体がとても興味深く惹かれました。このお雛様は友人の実家、伯母さまのお雛様で100年以上は経っているとのことです。。
このお雛様に会える機会もありそうで、とっても楽しみなのです。

c.jpg

1cc.jpg

2c.jpg

3c.jpg

雛人形は縄文〜弥生〜古墳時代に祓いの儀式に人の形を使っていて、この人形信仰が今日の雛人形の基礎となったそうです。その後「穢れ払い」「災厄よけ」「守り雛」として祀られるようになり、江戸時代後期にほぼ今の形になり庶民へ広がったのだそうです。

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

白波の梅林・梅離宮 [花・樹]

2000本近くの梅が山間の谷に栽培されている大阪南部にある梅林、そこここの公園等の梅観とはまた違った趣があります。今年は気候が不順でどうなんだろうと?案じていましたが、頂上は6~7分咲き、谷間は3~4分咲きで昨年は満開で見られた谷間の梅の白波はまだ沖の方にあって、押し寄せてきていませんでした。

この少しある薄緑の空間が白波で埋め尽くされるのです。
昨年は『梅源郷』今年は『白い波、梅離宮』を想いました。

画像2cc.jpg

画像14cc.jpg

この梅林は江戸時代初期から栽培され、梅の白波は毎年やってきますが、1本の幹からの見事な枝ぶりは人々の手によってなされ、守られ手入れされていても多分何かの害虫がついているのでしょうか?幹に白いカビのようなものが見られる木も少しありました。それはそれで風情?がありました。。。

画像28c.jpg

蕗の薹:早く美味しく食べたい(´一,`*)
画像35c.jpg

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

向井滋春Quintet Jazzライブ [音楽]

Jazzトロンボーン奏者向井滋春さんが久方振りに大坂へ来られたので行ってきました。
こちら大阪で私が聴いた向井んのライブでは、初めてテナーサックスが入ってQuintetでした。
メンバーは【向井滋春(Tb) 河村英樹(Ts)  竹下清志(P) 時安吉宏(B) 東原力哉(Ds)】

お昼から友人との大事な用件があって、その資料の事を考えていたら、大切なカメラを持たずに出かけてしまいました(;´∀一)。昨年5月のライブの時はメンバーは違いますが全員の写真ばっちりなのがあるのですが、今回スマホの哀れなこんな写真1枚しかアップできません(;´∀`)。

mukai.jpg

でもこの夜のサックス河村英樹さん、後半から俄然音が広がりはじめ、サックス独特の艶のある音が流れ、向井さんのトロンボーンとの二管の音の美しさも響きだして、最後とアンコールはノリにのって、体も自在に動き最高潮でした。かぶりつきで陣取って聴いていたので、拍手喝采したら、河村さんと眼があってやっとニコット笑ってくれました。前半はとても硬かったのです、、良かった[ムード]。。若い河村さんこれからますます素敵なプレーヤーになられることでしょう!!

向井さんは相変わらず力強く繊細で魅了されましたし、ピアノ:竹下清志さんはニコニコ笑って常に楽しそうで落ち着いて、それでいて音が究極の美音を奏で安心させられるし、ベース:時安吉宏さんもすっごいリズム感に溢れて、引き寄せられました。ドラム:体調を崩されていた東原力哉さんはすっかり元気になられて、抜群にノリに乗っての捌きでした。

やっぱり生演奏は良いです♬
最近弾いてないピアノ、また少しづつ触って弾いて、向井さんに頂いた『samarkand』
どうにかしようと思い立ちました。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート