So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Hiroyuki Miyasita Trio Project2 [音楽]

Hiroyuki Miyasita Trio Project2

trio5.jpg













miyasita1.jpg宮下博行(P,作曲) 






























kenta.jpg佐々木研太(B)































koji.jpg村尾コージ(Ds)








この日のProject2 のプロデュースは
ドラムの村尾コージさんで、とっても
興味深く新鮮なライブだった。




1ステージ
1.More Such
2.Six Scence
3.Desert People(村尾曲)
4.We Wish Tomrrow
5.Toward The Outside Air

2ステージ
1.瀬をはやみ(百人一首村尾曲つけ)
2.Keep Faith in Yourself(村尾曲)
3.Fallin Love with Love
4.Some Other Time
5.Thanks for Welcoming me.




村尾さんのオリジナルが3曲あって 
☆1ステ3曲目の ”Desert People” 
アラビアで聴いた曲で、3拍子だったのを4拍子にして、それを宮下さんがサンバ風にアレンジ♪
演奏終了後 『元は3拍子だったんですよね?』と ちょとひつこく尋ねたら、『そう、こんな風~♪』と”3拍子~♪”で歌ってくださって それをこんな風にと ”4拍子~♪” で歌ってくださった。
わ~いΨ(′▽`)Ψ~得した気分☆

☆2ステ1曲目 ”瀬をはやみ” 
百人一首『瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢わむとぞ思ふ』
この歌を宮下さんの伴奏で ♪せお~はやみぃ~♪ と自ら歌いながら曲がはじまり、宮下さんのアレンジでジャズバラードに。 とっても素敵だった。
崇徳院の歌だそうで、
滝川の川瀬の流れが速いので、岩にせき止められる急流が2手に分かれ、また再び合流するように、
愛しいあの人と今は別れていても、いつかは必ず再会できるであろうという恋歌といわれているけれど
崇徳天皇と弟の後白河天皇と、どちらの皇子を立てるかで対立して今は争っているけれど、
いつかは必ず再会できるであろうという弟を想う歌とも、と村尾コージさんが言っていた。そうなんだ♪

☆2ステ2.曲目 ”Keep Faith in Yourself”
これはレゲエ風でノレたし、楽しい曲だった。

いままで聴いたProject2にはない選曲だし、ドラムのコージさん髪型も変えて、ダテ眼鏡忘れてきたとかで
それもイメチェン、そのせいもあって?いやいやこの夜のライブとっても新鮮だったし、コージさんのオリジナル曲とっも良かった。もちろんドラムは前回にもましてすっごくのってたし素晴らしいライブだった。良かった♪!(^^)!♪

友人にこの一首『瀬をはやみ・・・・』の歌をジャズで聴いたよと後日話してたら、離婚届とともに
この歌が送られてきて、その時は自分の身辺が慌ただしく、意味は勿論、添えられていたことにも気付かず、離婚届けもそのままになっていた。当時、やむなく離婚届を送ってきたパートナーの真の想いに気付いてなかったけれど、なんと、今は歌のとおり、幸せな日々であるとか[揺れるハート]

nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 5

コメント 8

つぐみ

JAZZのことはよくわからないので・・・。

この百人一首は朝ドラ「ちりとてちん」で知りました。
落語にもあるそうですね。
そんな深い意味もあったのですか・・・。でも歴史に疎くて・・。

いろんな人生があるのですね。

by つぐみ (2014-07-11 22:06) 

りつこ

(・∀・)ノこんにちはぁー!
まず始めに宮下さん白髪増えたのかな?
project2、引き出し豊富ですよねぇー。えらく変わりだねのoriginal曲聴いて見たかったです。ふーん、jazzってすんごく奥行き幅あること又痛感しました。
宮下さん率いるproject2は又違った形で洗練されてますよね。jazzに対する直向き熱心楽しまれているの凄く感じます。

ミロサン良かったですね!(*^^*)まだまだ宮下さん進化しますよねぇーすごーい!
by りつこ (2014-07-12 02:47) 

mirro

つぐみさん
『瀬をはやみ・・』のところだけ知ってましたが(;一へ一)
この歌はいろんなところで歌われて有名なんですね。
こんな歌もジャズにしてしまうところ、なかなかの発想かなって♪

人生ってほんとうにどんなことがあるかわからないなって、
昨今の想いです。


by mirro (2014-07-12 19:57) 

mirro

りつこさん
う~んそうかなぁ・・・宮下さん
今度じっくりみておきますわヽ(^o^;)丿

ドラムのコージ君、なかなのドラマーだし、曲作りも最高かも。
アレンジしてないオリジナル聴いてみたい♪。

そう、、これからのproject2も楽しみです☆

by mirro (2014-07-12 20:03) 

猫爺

演奏家の方たちって
レコード(CDと言うべきか?)で残る場合もあるけど、
舞台ではその時、一回こっきり。真剣勝負。
録音の残らない昔の演奏家も同様。

むろん音楽だけじゃなくて、大切な想い出も
辛い経験も、一瞬後には
過去へと流れ去って行くわけですが。

だからこそ、今と言う瞬間に向き合って生きるのが大切なのかも。
決して刹那主義と言う事でなくて、
流れ去って行くこと自体がアートなのかな?なんて思ったり。
前回のブログのインスタレーションみたいに。

でもこうしてmirroさんの写真、ブログとなって、
皆さんの活動の記録は残っていきますよね。
今回は自然光だけで素敵に撮れていましたし。

落語の「崇徳院」も大好きな噺です。
落ちは何だったかな?と調べたら、
床屋の鏡が割れて、
「割れても末(=月末)に 買わんとぞ思う」でした。


by 猫爺 (2014-07-13 20:39) 

mirro

猫爺様
ありがとうございます。
D3300は順調です。(^◇^)/
今回は自然光だけで撮り、ソフトも使っていません。
そんなのどうしてわかるんですか!(^^)!

音楽といっしょで、人生は一回きりの舞台で、
ここんところ楽しい想い、辛い経験がどーとやってきて、
過去へと流れ去って行くからこそ、おっしゃるように何事も大切に誠実に
立ち向かわなければ・・・と思いつつ・・・ナカナカ
どんなことでも後悔しないようにと思いつつ・・・後悔しきり(;一_一)です。

落語「崇徳院」&友達もそうでしたが、この一首を渡せば
どこかで会えるかもなんですよね(*^^)v

by mirro (2014-07-13 23:59) 

middrinn

和歌をジャズバラードに仕上げるなんて素敵(〃'∇'〃)
村尾コージ様の解釈は・・・罪作りですよねぇ(^_^;)
by middrinn (2018-10-07 09:17) 

mirro

もう4年も前のことなのですが、鮮明に思い出されます。
恋歌の方がロマンチックだけど、何曲かを歌にしている
村尾さんの解釈も一理ありかなーて思ったりしますけど(*´▽`*)

by mirro (2018-10-07 16:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1