So-net無料ブログ作成

Villa Adoriana(ビィツラ・アドリアーナ) [ROMA]

ここはHadrianus(ハドリアヌス帝)がその治世に建造した広大な別荘で世界遺産にもなっていますが、訪れた時は人も少なく、崩れ行くなかにとても優雅で繊細な雰囲気があり、古代の夢をみるにはなかなかのVillaでした。
前述のVilla dei Quintili クインテリー邸とはまたかなり違った趣があります。
こんなに彫像が欠け落ちてもなお心惹かれる面持を湛えたHadrianus帝↓↓この崩れゆくHadrianus帝に心かき乱される想いがします(:´▽`*)。このハドリアヌス帝は五賢帝の1人とも言われていますが、多分美しいものを愛し芸術に造詣深い人だったかなと思えました。.


DSC_0222c.jpg
ハドリアヌス帝

DSC_0224c.jpg

DSC_0221c.jpg
ハドリアヌス帝の恋人Antinous?(アンティノウス)

DSC_0219c.jpg
女神像の柱

こういった像がおかれていると、この古代の遠いはずのハドリアヌス帝には(138年没)彼が愛したとも言われている青年Antinous、またこの美しい女性達との日々に深く想いが馳せられてならなかったです。

こちらは残されたVilla跡です。微妙な儚さとともにあり、限りない悠久の時を感じさせます。

DSC_0230c.jpg

DSC_0212c.jpg


このビラはは保養地で有名なTivoli (ティヴォリ)の丘の麓にあって周辺はのどかですが、帰りのバスは近隣の労働者の方の帰宅時間と重なり、もう満杯ギュウギュウ息も絶え絶え状態でした。同行の友もあのバスはすっごい混むので”覚悟”と言っていましたが、でも親切なおばさん風のご婦人が、すぐ降りるからと席を譲ってくれました。私もかなりの満員、混雑の電車等に乗り合わせた経験はありますが、慣れてないと思ったのでしょうか?有り難いことでした。(´▽`*)

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 4

コメント 4

りつこ

ハドリアヌス帝、凛々しい~ハンサム!エロティック♪

タイムスリップして遠目から拝見したいですよね。

それが出来たらミロさんはどんな絵を描くのかな~(*^^*)


彫刻?皆肉体美ですよね。

ホリが深く、瞳の色や髪の毛の色艶は?筋肉美、洗練された装飾品、kingたるタイガーの様な勇敢さ、男色はま、スルーして。

そんな男性見てみたい。

夢でも見れたら、凄味がありすぎて腰抜かして泡吹いて気絶するだろうな。

ハドリアヌス帝~
妄想しときます。声フェチなんで
どんな声だったのかしら?(*^^*)
by りつこ (2015-12-25 18:38) 

mirro

りつこさん
そうですよね、こんなに心惹かれる彫塑ハドリアヌス帝
古代への想い~夢見させてくれますよね~
五賢帝の1人とも言われているこんな素敵な帝に合間見えて
みたいですよね☆彡

>声フェチ
う~ん、、この時代こうした彫像・絵画はあっても
音声はないので、より想いが馳せられるのかもね(´▽`*)♪

by mirro (2015-12-25 23:32) 

つぐみ

世界史は苦手なのでピンとこないのですがそれでも凄い別荘の持ち主はどんな生活をしていたのだろうかと思います。
想像力が欠如しているので言葉がみつかりません。

by つぐみ (2015-12-26 20:22) 

mirro

つぐみさん
実際にその場に居合わせると色んな想を馳せることが
できるのではないでしょうか?

まぁ、、私などは殆ど妄想の世界を漂っている様なものですので( *´艸`)
このハドリアヌス帝の崩れた彫像など観ると
心かき乱される想いがします(:´▽`*)。

by mirro (2015-12-27 00:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0