So-net無料ブログ作成

向井滋春Jazzライブ [音楽]

先日『ロイヤルホース』で向井滋春Jazzライブがあり聴きに行ってきました。 随分久方ぶりです。

DSC_0415c.jpg
【向井滋春(Tb) 竹下清志(P) 荒玉哲郎(B) 東原力哉(Ds)】

向井滋春さんのトロンボーンを始めて聴いたのは、2013年1月 堺・栂文化会館「八向山」トリオで来られた時だった。なんと先日のライブ迄に6年の月日が流れていたのだ。向井さんもこの6年ですっかり環境が変わられたし、改めてこの年月を振り返ってみると、それ以前にはない新しい振動と波形が私を大きな波で揺さぶり、この月日に流してくれたと思う。向井さんのトロンボーンに新たな感覚の振動があったし、2013年11月~ikimono~シリーズ 個展 時に、モノとモノの際・間・狭間の同じ感覚がある画家に出会い、また多くの作家達との出会いに様々な波動があり、それ等がローマへの旅立ちを推し進め、ローマで得た遺跡への想いがまたikimono~hazama~への新たな振動に繋がって行ったと思う。
向井さんのトロンボーンと多くの作家達との出会いはこの6年間の大きな振動だったと思う。またこれからどんな振動を波形を感じることができるのだろう。

ところでこの日のメンバー
DSC_0411m1.jpg
向井滋春(Tb) 

DSC_0417t.jpg
竹下清志(P)

DSC_0418b.jpg
荒玉哲郎(B)

DSC_0420dram.jpg
東原力哉(Ds)

DSC_0421pm.jpg
それにチェロ、凄い進化を遂げられていた。竹下さんが嬉しそうに見守っている[ムード][目がハート]

この日同行の友人の感想:
感心したのは、店の音響対策が素晴らしいことてす。演奏の開始から音響が良いなあと思いました。ドラムを叩きまくって、PAでボリューム上げているのにうるさく無いし、吸音材を適材適所に配置し、ベースは自然な音色で他の楽器と同レベルにあわせてあって、胴木の鳴る音も聴かれたように思います。
こうでなくっちゃ。そう思って天井や壁を眺めると、何とはなしにですが、吸音材とか部屋の構造が上手く出来ているんだろうな?と自分勝手に解釈しました。心地よい音、楽しいステージでしたね。ライブはライブの良さがありますね。JAZZのトロンボーン奏者がああいう芸当(チェロ)を披露してくれるのですから、今日の客は幸せでした。[わーい(嬉しい顔)]  ピアノもベースもドラムも全部良かったです。最高の晩でした!

ロイヤルホースが大喜びのコメントw( ´ ▽ ` )wかな?機材のことはよくわからないですが、音響が良いというのは基本かなって思います。

DSC_0424mb.jpg

向井さんは沢山のオリジナルがあってJazzStringsで聞いていて好きだった『Fulvio』もこの日のリストにあり良かったけれど、初めて聴いた『Subconscious』は向井さんとベースの荒玉さんの掛け合いが見事で秀逸だった。向井さんメンバーの皆さん素敵な夜を有難うございました。


nice!(16)  コメント(4) 

nice! 16

コメント 4

つぐみ

向井さんと出会われてから6年になるんですか。
いい出会いでしたね。
それにしてもチェロですか。
チェロの音色、大好きです。
by つぐみ (2019-01-21 20:39) 

mirro

つぐみさん
そうなんです。向井さん向井さんて皆に聴いてもらって
もう6年になってしまいました(;´∀`)
チェロは秀逸でとても美しい音色を奏でられます。
次回は是非チェロ聴いてください。
お誘いしますね(^_-)-♪
by mirro (2019-01-21 20:49) 

kingfisher

ステージには様々な色が混ざり合っていて独特の雰囲気がありますね!

by kingfisher (2019-01-29 22:28) 

mirro

kingfishさん
ここのライブハウスは照明があって
写真映えするかもです
by mirro (2019-01-30 22:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。