So-net無料ブログ作成

掘文子展 [絵画]

生誕100年『掘文子展』~旅人の記憶~ 
新たな想いがありました。
【孤高の画家】
”群れない、慣れない、頼らない” それは孤高であることの証かと思われます。
自分は孤高にはとても成れないと思うけれど、この三要素はひとつひとつ心に当たり、常にそうありたいと思う言葉・想いです。

日本画的な技法だけでなく、時にはデカルコマニー、抽象的な表現、いろんな作風がありましたが、一番の根底にはしっかりモノを見て、そこから見えないものを限りなく観、感じる力こそがこの世界にある不思議の ”ikimono” に遭遇できる、与えられた時間なのだと、これ等の作品を観て改めて想いを強くしました。
 
himawaris.jpg
「終わり」1992
『ひまわりは 枯れてこそ実を結ぶ』とありました。

いろんな画家が心惹かれる向日葵を描いていますが、この向日葵を前にした時、一瞬心臓がドキッーとして体全体が凍り付くような感じがしました。今の自分には堀文子さんのこんなにも動きのある向日葵が、頭・首(コウベ)を垂れ、種をぎっしり抱きかかえ、大地を見つめ、なお佇むその姿は ikimono が次の世界へ行こうとする hazama 狭間の空間で、限りなく揺らぎ、ざわめく ikimono が描かれている最後の作品なんだと思われました。。堀さんの最後の揺らぎを、振動を与えられました。。

『満たされた波は去り、愛が一枚一枚剥がれていく時、その時にこそ向日葵の魅力はその真髄に迫り、自らの美を露わにするように思われます……。』私の【向日葵】への想いから


クリムト1s.jpg
Gustav Klimt クリムト

シーレ1sc.jpg
Egon Schiele シーレ

ゴッホs.jpg
Vincent Willem van Gogh ゴッホ

hokusaicc.jpg
葛飾北斎 middrinn さんの要望で掲載しました。
この《向日葵図》にも深い HAZAMA を感じさせられます。


1964~65年頃の抽象的な作品に眼がいきました。
maou.JPG
「魔王の館」

地底の風景1.JPG
「地底の風景」


京都高島屋で4/22迄開催です。今までなにかしら面白いハプニングがある京都ですが、この日の京都は友人とお昼過ぎに落合い、チケットが半額(∩´∀`)∩ になる夕方6時まで歓談、街も画廊も散策してのオモイキリ・アレコレの楽しい時間を過ごしたのでした。そうそう四条界隈は外国人は結構行き交いしてましたが、アジア系の人が少なく、大阪梅田・難波に比べるとスッキリして落ち着いた印象でした。

nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

nice! 11

コメント 6

つぐみ

生誕100年でいつ亡くなられたのかと思ったら今年だったんですね。
女性画家の方、長命な方が多いように思います。
この方もタフな方だったようですね。

ヒマワリの絵、結構あるんですね。
クリムト、シーレ展で見られたらいいのになぁ・・・。


by つぐみ (2019-04-21 20:09) 

mirro

つぐみさん
今年の2月ですね。大体すぐに百貨店とかが収集して
その後美術館等で大きな回顧展あるんじゃないんですか?
「ひまわり」は多くの画家が描いていますよね。
因みに、この私も「向日葵」に魅せられて
結構作品ありますが・・(;´∀`)

by mirro (2019-04-21 20:42) 

middrinn

「孤高」の証しとして、「慣れない」というのが
チト解らなかったです(^_^;) 「終わり」という
作品、生きているようで、素晴しいです(〃'∇'〃)
青木繁の《海の幸》を小生は連想しました(^_^;)
「新・北斎展」が初公開だった晩年の《向日葵図》
弘化4=1847年も、ここに並べてほしいです^_^;
by middrinn (2019-04-21 21:00) 

mirro

middrinnさん
「慣れない」というのは描き手としましては、同じ手方で
描き続けない、常に進化する、同じ位置にいない、
という意味で捉えています。
《海の幸》ですか、、、
あちらの世界が垣間見れない感じがするのですが、若い時に
観たままなので、次回実物をみる機会があればと、
楽しみにしておきます。
《向日葵図》はHAZAMAが感じられる空間がありますね。
有難うございます。
by mirro (2019-04-21 22:10) 

えくりぷす

「慣れない」とありますが、堀文子さんの画風は本当に様々なようで…
画像検索で見た猫の絵なんかアンリ・ルソーかと私には思われます。
by えくりぷす (2019-04-23 10:17) 

mirro

そうなんですよね、、、技法もそうですが、
可愛いクリオネを画面いっぱい踊らせているかと思えば
この向日葵の様にこんなにもシリアスなものにもなるんですよね。
やっぱり幅広い視野を持ち続けられた方なんでしょうね。
by mirro (2019-04-23 14:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。