So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

波の饗宴 [海]

この日も涼しく爽やかな夏の日、海辺から少し離れてみると、稲穂がもうびっしり広がり頭を垂れています。まだ背が低い感じがするけれど、台風の影響などなく無事沢山の収穫がありますように。

DSC_0310s.jpg


そして浜へ来て見ると、なんとなんともこの有り様。。。
DSC_0283csss.jpg

DSC_0238s.jpg

DSC_0236sc.jpg

DSC_0260cs.jpg

「誰もいない海」遊泳禁止!\(//∇//)\

車のキャリアベルト、ロープも積んでいるので、『お縄頂戴状態で~(;´∀`)~海へ放って欲しい』と言ったら『断る[exclamation]』と言われてしまいました~\(//∇//)\~アハハッ...ですよねー
この後、凄い力の波がやってきて、ゴッソリ砂浜ごと浚われ、波間に運ばれてしまいました\(//∇//)\......幸い次の大波迄に何とか砂浜に辿り着きましたが,,,,,,,

海は怖いの知ってるのに、波と遊びたくなる。

DSC_0248s.jpg

DSC_0284css.jpg

静かで優しく打ち寄せる波はなく、この浜で波間に漂うことはできなかったけれど、波の饗宴に招かれ、押し寄せ、全てを浚っていく、こんなにダイナミックな波形と音色は、打ち砕かれる心と体に舞い踊る力と技を、そして新しい色と形のhazama・狭間を垣間見せてくれました。

nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

夏の海へ [海]

先週の涼しい時に気侭に日本海の浜へ出かけてみました。
阪神高速ー中国自動車道ー北近畿豊岡自動車道ーと乗り継いで、とりあえず但馬海岸に行ってみました。この北近畿豊岡自動車道は無料なのですが、春日ICから豊岡北ICの間に【青垣】というICがあって、その辺り低い山が幾十にも重なり近くの緑の山、遠くの青い山々に囲まれた風景をみていると、「倭建命」が詠んだあの有名な【青垣】という言葉がでてくる
『倭は 国の真秀ろば たたなづく 青垣 山籠れる 倭し麗し』
故郷を思って詠んだとして『古事記』にみられるこの詩が【IC青垣】をして思い出されました(;´∀`)。

この詩は我々大和民族の原点のようなものが感じられ、勇壮な倭建命の繊細さにも想いが重なり「真秀ろば」はじめ日常使わない言葉ですが、ひとつひとつの音節がとても美しいと思へてなりません。。

停車するわけにもいかず、カメラ、カメラと用意している間に、あーと通り過ぎてしまって、いい写真がありません(*´Д`)。色々支障がある画像です....((+_+;))

DSC_0328cc.jpg

ここはもう水位が高い下流域、同乗の旅人がこの景色を見て思い出したとかで、この河は円山川と言って周辺の水田はラムサール条約に登録されていると言ってました。

DSC_0168s.jpg


やっと海が見えてきましたが、まだまだ岩場、波が凄く荒いです。続きます、、泳げる砂浜目指しています(*´▽`*)。。

DSC_0180c.jpg


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

向日葵 [花・樹]

激しい夏です、もう4時近くになっていましたが、車で走っているとMr.Childrenの「himawari」が流れてきました。そう、そういえば、「向日葵」以前はあんなにも魅了されていたのに、ここ何年も心離れていることが思い出され、季節ごとに花々を見せてくれる近くの公園へ立ち寄ってみました。

DSC_0127c.jpg


この日の向日葵は太陽の神アポロンに愛され、追い求めた日々は過ぎ去っていて、 忘れられ、開いた花は東を向いたままになっていました。

DSC_0117c.jpg

アポロンの輝きを受け、愛はこよなくして、幸せに満ちた日々、、、

DSC_0155c.jpg

そうです、、戯れの矢がアポロンに当たり、心乱されていくのです……。

DSC_0141c.jpg

満たされた波は去り、愛が一枚一枚剥がれていく時、

DSC_0128c.jpg

その時にこそ向日葵の魅力はその真髄に迫り、自らの美を露わにするように思われます……。。

DSC_0115c.jpg


DSC_0136c.jpg


この公園の向日葵は背の高さ1mぐらいです。いろんな品種があるようですが、以前育てたことのある向日葵は1m40㎝はあり、スペイン・ポルトガルで出会った向日葵は、この公園のより背が低く地を這うとまではいかないですが、とても低かったです。ゴッホの終焉の地、オーベル・シュル・オワーズで見た向日葵畑のは1m50㎝はあったと思います。

nice!(16)  コメント(6) 
共通テーマ:アート