So-net無料ブログ作成

大理石 [その他]

うちの玄関ホールに大理石が使われていてそれが、
傷はつきやすいし、壊れやすいし、お水を落としただけで
しみが出てくる実使用には向きにくい代物なのかもしれない。
これはうちと同じタイプのモデルルーム、ちょと仕様が違う玄関ホール画像↓。

なかなか繊細で美しいっ~☆
モデルルームってどうしてこう心ときめくんだろう~☆

モデルルームじゃないこちとら玄関ホール、生活があるためか、ひび割れ、染みも出てきたので、
○○SEKOさんへ相談したら、さっそく石屋さんがやってきて、取り換えるという。
ひび割れたのを4枚外す作業は養生してあるとはいえ、
家中にセメントの粉が舞い上がり轟音轟く作業であった。
いや~ぁ、、後の掃除が大変、2度としてほしくない作業。
その後染み抜きの液体をつけて補修してくれたが、染みは消えない。

そんな話しを友人にしたら、大理石のテーブルが汚れてきたので、
どうにかならないか、聞いておいてというので、

石屋さんに問うて見ると、
『そのテーブルは綺麗にしたいなら研磨するしかないけれど、この大理石は【ビアンコカラーラ】
という大理石の端くれで、同じものがピサの斜塔にも使われているけれど、
今まで染み抜きはもちろん、研磨などしていない。
○○SEKOさんは見た目が美しいので、使いたがるけれど、玄関に適してるかどうか~;:;
大理石は生きているので、色も年月と共に変わってくるし、自然にしみも浮き上がってくるもので、
その風合いを楽しんで欲しい。
こう言った染み抜きの液体も開発されて出てきたけれど、その浮き上がってくる、しみ、
をも本当は楽しんで欲しい。』 
とまだ20代後半と思われる可愛らしい男の子がいうではないか♪
染み抜きに2・3度来た時、たまたま流していた曲がレゲエだったのを
【めずらしいのを聞かれるんですね、ボブ・マーレ~♪僕もよく聞くんです(*^_^*)】
【う~ん・・・じゃ~コーヒーでも飲みながらいかが~♪】とお誘いしかかったけれど、
お仕事お仕事お励み頂いて、お玄関でお茶などお飲み頂いたΨ(`▽′)Ψ。

たまたま6月30日の毎日新聞に掲載されていた記事:
嘗て大英博物館がギリシャのパルテノン神殿から剥ぎ取って持ちかえった
大理石の彫像を、その表面を削り取って剥がしてしまった★
それは文化財破壊だと問題になったそうだ。

う~ん、、、末代まで耐えれるかどうか~(^_^メ)