So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
本・雑誌 ブログトップ

同窓会誌 [本・雑誌]

グラフィックデザイナーの「長友 啓典」氏がこの3月に亡くなられています。先日送られてきた高校同窓会誌の表紙は、その先輩長友 啓典氏が【母校創立100周年記念ポスター】としてデザインされた絵が表紙になっていました。鳥よりも犬猫の方が観察しやすいし猫よりも犬の方が人間くさくて面白いと言われていたようですが、この絵はいつもの犬ではなく穏やかな鳥が描かれていて『丘をつくる百年』と氏の字も書かれています。著作権のこともありここに掲載できないのが残念です。Creator Gallery に追悼やイラストが掲載されています。
この作品は1967年 日宣美賞受賞の「ジャンセン」です。
n.jpg

因みに我が母校は1996年に100周年を迎えています。

そして長友氏の絵のこともありますが、今回もう1つとても興味深い寄稿がありました。
『70年前の受験票』という記事で終戦翌年昭和21年に受験された方のものです。

jyukenn.jpg

70年前の受験票が出て来たというのも凄いことですが、それも受験番号が1番ということだったのです。この時期に旧制中学校から新制高等学校への移行があり男女共学になっています。

そしてまだまだ驚くべきことがあって、
受験は口頭で質問があり、
①、公徳心とはどういうことですか。どう思いますか。(他人の事を考える余裕がなかった戦後の混乱期です:ご本人の注釈です)
②、塩の生産地はどこですか。製塩法について答えてください。
あと体力テストがあって校舎屋上を走り、小学校からの内申書で合否が決められたようです。

とありました。
終戦の混乱期でこの様な受験であったのかと思われますが、この質問を見て思いました。
最近の公立高校入試がどんな風に変遷しているか詳しく知る立場にいるわけではないのですが、今の受験もこのような口頭で、シンプルでありながらその時代の社会情勢を鑑みた難しい”問い”を孕んだ 受験問題があってもいいのかなぁ~と思ったりしました。

nice!(7)  コメント(2) 

「セバスチャン・サルガド」写真集 [本・雑誌]

偉大な写真家「セバスチャン・サルガド氏」の写真集「Genesis」と「Sahel」を手にしました。
「Genesis」はこの地球を遺そうという意志のもとに撮られた壮大なドラマを写しだした自然への畏敬と美との素晴らしい芸術作品写真集です。今私の手元にあって作者への敬意と尊厳に打ちひしがれています。
G.jpg

「Sahel」はサハラ砂漠周縁の乾燥地帯で、そこにに暮らす人々の飢餓の現状を 撮えた作品集です。
これは今友人が持っていて、「鍋をかぶって子供を連れで逃げる女性の写真と、ビデオを作ったディレクターが最初に衝撃を受けた盲目の女性の写真も入っていて、大きさは小さいですが手元にあって嬉しいです」と言っています。私はまだ観ていませんが人間に照準をあわせていて、一瞬の安らぎをも感じることができない状況のもとに置かれた人々を撮らえ、悲惨でありながらも、画面はどこか美しいのではないかと思っています。
s.jpg

後述:私のコメントからです。
今私が手にしている写真集「Genesis」はこの地球の、実際我々が見ることことができない風景、民族を写しだした美しく驚異に満ちた作品集です。そしてそれらは現実が、実存のものでありながら抽象的な表現になっているものもあり、報道写真を超えて美しい芸術作品となっていると思います。
そして、そこに、そいったものを守らなければと言ったメッセージも私は感じました。その両方があって偉大なんだと思います。

セバスチャン・サルガド氏のメッセージをご覧ください。






裸の王様 [本・雑誌]

先週、開高健さんの文学碑が近鉄南大阪線北田辺駅に完成した。
そこは、彼が若き日過ごしたところで、駅からほんの少し東へ行ったところに
『開高 健』と表札が掲げられた家がある。

私も若き日そのほとんどの毎日を、その表札を横目でみながら駅へと向かった。

子どもの頃から、あそこは『開高 健』という、えらい作家の家なんだ、
と人々が口にするのを聞いていた。
芥川賞をそしてその他いろんな文学賞を受賞した作家が、嘗て住んでいた家であること、
そしてその頃通っていた学校の先輩である事も承知していた。ゆかりの人なのである。
その家の前を通るたびに、私は太く大きく、しっかりと書かれた表札に圧倒され、
そして、出入りする人を一度も見たことのない人気のない家に一抹の不安のようなものを感じ、
芥川賞を受賞したいろんな作家を興味を持って読んでいたにもかかわらず、
私は彼の作品の数々を紐解けないでいた。

除幕式があり、文学碑が完成したというニュースを聞き、
家のイメージだけが私を捉え、多分その表札の呪文から開放されずにいた何十年。
彼の芥川賞受賞作『裸の王様』をやっと読むことができた。


本・雑誌 ブログトップ