So-net無料ブログ作成

ローマのResti(遺跡) [ROMA]

ローマのResti(遺跡)を描いた『第4回同期展』終了しました。お出で頂いた皆様有難うございました。

今まで2回ローマを訪れていますが、今回3度目のローマ滞在で本当に数多くの遺跡を見ました。
歩数計を付けていないので、どれ位歩いたかわかりませんが、赤い革の短ブーツが、たった半月でピンク色に変色してしまいました。もちろん滞在中ずーと良いお天気だったせいもあってのことですが。。。

有名どころでは、またそれぞれにアップしますが、古代ローマの民主政治が行われた「Foro Romano」(フォロ ロマーノ) ・世界遺産にもなっている「Villa Adriana」(ハドリアヌス帝の別荘)・旧アッピッア街道沿いにある「Villa dei Quintili」(クインティーリ荘)・延々と連なっている「Parco degli Acquedott」(水道橋公園)等々。

以前には感じ得なかった遺跡への想い、悠久の時を吹きわたる風、2000年の時を経て崩れ行こうとするあの儚さの中の不思議な形体、しかしまだしっかりと存在する美しさ、その中で光と陰が織りなす色彩の世界、こんな魅力ある~Resti~(遺跡)に出会えたこと、また新たな~ikimono~となって私の内で蠢き、揺らめき、流れ、広がり特別な存在になりました。不思議に満ちた形体が持つ特別な不安感に魅了され打ちのめされました。

DSC_0225c.jpg
「Villa Adriana」 不思議な丸いシャボン玉のような物も見えたりするのですね(´▽`*)v

DSC_0099c.jpg
「Villa dei Quintili」

今回の作品は帰国して2週間の仕上げなので、まだまだ追及しなければと思っています。
展示した作品は8枚1組のものですが、また1枚づつアップしようと思っています。

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

MAOSREO(円柱形のお墓) [ROMA]

トラム(市電)に乗っていて見かけた遺跡、長い長い年月をかけて、こんな興味ある面白い形になり、崩れ行こうとする儚さの中にもしっかりとした存在と美しさを感じてしまう。 それに、この私には二つ目小僧の様に見えたりもする。。
『あの二つ目小僧に会いに行きたい』 と友人に申し入れたら 『二つ目小僧なんて、そんな言い方はしないで、ちゃんと場所、名称で言わないとダメ』と言われてしまった。

gordiani.jpg
Villa Gordiani  MAOSREO(円柱形のお墓)

私がずーとこの地に居て、『二つ目小僧のお墓、二つ目小僧のお墓』なんて』呼び散らしていたら、通称の呼び名になったりはしないだろうか?と、正式な記録ではなく印象でしか覚えられない私の勝手な名づけでは、やっぱりだめかな?( ;∀;)

ここは広い公園で 、3世紀のローマ皇帝 、 ゴルディアヌス1世 ・ゴルディアヌス2世・ゴルディアヌス3世 の邸宅跡で金網で入れないように保護されていた。この日は人影もまばら、カラスが居るくらいで、ローマのカラスは↓↓日本のように濡れ羽色ではなく、やっぱり粋でツートン仕立て。

karasu1.jpg


maosoreo2.jpg

maosreok.jpg

後日記:
このブログをご覧いただいている皆様へ
『Gordiani 』はローマ皇帝ゴルディアヌス1世、2世、3世の邸宅跡でした。地名でもありますが、名前のわからない遺跡で、その場所の名前で呼んでいると勘違いしていました。
これからも間違いがある記述が出てくると思いますので、参考にはしないようにしてください。


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

Mercato(市場) [ROMA]

ローマでの第1日
天気は晴れ青空、日中は日焼け防止で長袖のTシャツで出かけるけれど、夜は半袖のTシャツ1枚で就寝。
前記事で猫爺様がベットのお布団が薄いのではと心配してくださっていたけれど、滞在1週間は未だ夏の暑さが残っていた。

ここへ来てホテル住まいではなく、日常の生活をしながら、ローマを味わいたいと言うのがひとつの目的。
で、近くのMercato(市場)へ日用品・食料品の買い出しに。野菜・果物の表示を見て高いなぁ~と思ったら、個単位ではなく、グラム単位だった。
それに全ての野菜類は総じて固い、やっぱり石の文化の性かな?トマトも大根も固い、日本の青首大根なんかへなちょこ過ぎ。この大根で数日後豚肉と煮込んでみた。、しっかりした大根なので、繊維が在るのではと思ったけれど、口の中には残らない繊維、固い味だった( 一〇一)はは、、見た目通り触った通りね。
ちなみにイタリア産大根は中国系日本食料品店で売られていた。

me1.jpg

saboten.jpg
多分ここの店主が書かれた値札、なんか味があって素敵な書体。見慣れた明朝体じゃないからかな?

mer.jpg

その後やっぱり『Pizza』 本場のピザを食べに。
手前がトマト・ナス・カボチャ、後方がとっても香りのよいポルチーニ茸、美味しいのだけれど、やっぱりすっごいボリュームで食べきれない。、

pizza1.jpg


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Romaの風に吹かれて [ROMA]

ここ『風に吹かれて』1ヶ月以上更新が滞ってしまった。
風に吹かれて、、、そう、、急に思い立ってローマの風に吹かれてみたいと、10月中半大阪を発ってその日のうちに夜のローマにいた。
でも、西へ西へと向かう12時間のフライトはウランバートル、ノボシビールスク辺りから時が止まった夕焼けが続く世界がはじまり、沈まない太陽と共に行くローマは永遠の都なのかもしれないと。

sunset.jpg雪原を眼下に、そこにやっぱり夕焼け雲との水平線がある。


























ローマでの宿泊、簡素だけれども空き部屋を素敵にアレンジしてくれた友の想いがこもったこの部屋で、どんな日々が、どんな出会いが待っているのだろう。。。

room1.jpg

急に思い立ったとはいえ、4つの想いを抱いて降り立った、ここ風に吹かれてのローマ、首尾良く想いは達せられるのだろうか?


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート